\ フォローしてね /

心も体も癒やされる溫泉宿「岩井屋」

昔は温泉というと温泉街とか高級旅館とか、そういったイメージを持って旅行に行っていました。最近では、そういった温泉も楽しめるのですが、こぢんまりしたところでゆっくりと時間を過ごしたいと思うようになってきました。

また、温泉も加水したり、沸かし直ししたりするところではなく、源泉掛け流しの温泉が身体にもいいだろう、という思いに駆られるようになりました。

そこで探してみたのが鳥取にある岩井温泉。ここには3件しか宿がなく温泉街などもまったくないということ。ゆっくり落ち着けるのではないか、ということでその中の岩井屋という宿に行くことにしました。

この記事では、温泉宿「岩井屋」を紹介します。

予約は

旅行代理店などを利用せず、岩井屋さんのサイトを訪れて直接予約しました。

岩井屋さんのホームページはこちらです。

料金は

訪れたのは筆者とその同居人。2012年の4月のことでした。予約したのは3月で、その時の料金が1人1万4千円弱でした。これで夕食と次の日の朝食がついていました。

オススメのポイント

1:ひっそりとしていて落ち着くところ

写真を見ていただければわかると思いますが、この道がメインのストリートです。岩井屋さんの斜め前にほかの2件の旅館と、並びに1件の公衆浴場があります。
夕方に着いたのですが、穏やかでのんびりしていてかなり静かでした。

2:足元からわき上がる温泉

上記の写真が内湯、下記の写真が露天風呂です。

内湯は立って入るタイプのお風呂で、足元からお湯がわき上がる足元湧出風呂です。足元湧出風呂は調べてみると、全国でもそれほど多くないようです。入って見ていると足元から湯玉がぽこぽこと浮かび上がってきます。

3:家族風呂(貸し切り風呂)が無料

この写真が家族風呂(貸し切り風呂)です。普通、2〜3,000円ぐらいの料金がかかる家族風呂ですが、ここでは無料。すいていれば何回でも利用できるのがありがたかったです。

4:入浴手形でほかの旅館のお風呂も入れる

1,000円で入浴手形が発売されており、それを買うことで岩井屋さん以外の旅館(花屋旅館、明石家)のお風呂、公衆浴場のお風呂に入ることができます。

上記が花屋旅館さんの外観とお風呂。

上記が明石家さんの外観とお風呂。

そして上記が公衆浴場の外観。(お風呂の写真は入っている人がけっこういたので撮っていません)

価格の割に食事も満足できるもの

カニなどを頼むと別料金になるようですが、頼まなくても十分満足のいく料理を提供していただきました。

上記2枚の写真は夕食の一部です。食べるごとに少しずつ出していただけるので全部紹介しきれないので2枚だけを載せてみました。

こちらが朝食です。
筆者も同居人もよく食べる方なのですが、夕食も朝食も満腹で大満足でした。

おわりに

この温泉は、鄙びた感じがすばらしく、穏やかな時間が過ごせます。都会の喧噪を忘れさせてくれ、ゆっくりとでき、身も心も癒やされました。

注意することは、周りに何もないということ。コンビニなども歩いて15分〜20分ぐらいはかかるので、必要なものは旅館に着く前に準備しておいた方がいいでしょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。