\ フォローしてね /

揚げない肉団子!うずらちゃんのパワーボールの作り方

はじめに

うずらの玉子をひき肉ダネで包んだ、揚げないミートボールです。

こんがり焼いた肉団子の味つけは、コクのある醤油ダレ。フライパンひとつでできるので面倒な油の処理も必要ありません。かわいい見た目とお手ごろなサイズ、冷めても美味しい味付けは、お弁当のおかずにも夕食のメインディッシュにもぴったりです。

雫井脩介『クローズドノート』という小説に「パワーボール」という料理が出てきます。映画では油で揚げるオーソドックスなスコッチエッグになっていたようですが、原作中には加熱法の説明がなかったので、自分なりのイメージで作ってみました。

材料 (2~3人分)

  • ひき肉(豚ミンチ、または合びき肉)... 150g
  • 玉ねぎ... 小1/2個(80gくらい)
  • 玉子... 1/2個
  • パン粉... 大さじ2
  • うずらの玉子(水煮、またはゆでたもの)... 10個
  • (A)しょうゆ... 大さじ1
  • (A)酒... 大さじ1
  • (A)オイスターソース... 大さじ1
  • (A)みりん... 大さじ1
  • 塩、こしょう... 適量
  • おろししょうが... 適量
  • ごま油... 適量

うずらちゃんのパワーボールの作り方

STEP1:醤油ダレを作る

(A)の調味料を混ぜ合わせます。

STEP2:ひき肉ダネを作る

玉ねぎはみじん切りにし、ひき肉と玉子、パン粉、塩、こしょう、おろししょうがをあわせて、粘りがでるまでよくまぜます。

肉団子には下味がしっかりついているほうがおいしいです。味見をしたい場合ひき肉ダネを少量とって電子レンジにかければできるので、お好みの味に調整して作ってください。

STEP3:ひき肉ダネを成形する

ひき肉ダネを10等分にし、うずらの玉子を包み込むようにお団子状に丸めます。

STEP4:肉団子を焼く

肉団子の表面に小麦粉をまぶしつけ、ごま油をひいたフライパンで丁寧に焼きます。

焼き方は、最初は強火で周囲に焼き色をつけ、その後は弱火に落とし、フタをして少量の水を入れて蒸し焼きにすると、中までしっかり火がとおります。

STEP5:肉団子に味をつける

STEP1で作った醤油ダレをフライパンに流しいれ、肉団子に味をからめます。

STEP6:完成!

お好みで半分に切って、器に盛り付けてできあがりです。お好みの付けあわせを添えてどうぞ。

ミートボールを切るときは、1つ切るごとに包丁を拭くと、きれいな切り口に仕上がります。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。