\ フォローしてね /

楽しいお茶の時間を!スイーツにあった紅茶の選び方

筆者は友人たちとカフェでお茶をする時、紅茶専門店を選ぶことが多いです。珈琲を飲めない友人が多いこともありますが、筆者自身も紅茶が好きということもあります。そんなときに選ぶ、スイーツにあった紅茶について、紹介していきます。

紅茶の種類で選ぶコツ

香り

香りがあるスイーツの場合は、フレーバーティなどは避けた方がいいです。香りが混ざりあって、それぞれの持ち味が楽しめなくなります。

苦みと甘さのバランス

甘ったるいスイーツには、苦みのある濃いめの紅茶、あっさりしたスイーツには、甘めの紅茶と、バランスをとって選ぶと、おいしく味わえます。

具体的なスイーツと相性のいい紅茶の例

ダージリン・アッサム

林檎の甘煮いりのホットケーキです。この場合、林檎と蜂蜜の香りが強く、また甘みも強いので、すっきり飲めるダージリンやアッサムなどがあいます。フルーツをたくさんのせたケーキなども、お薦めの組み合わせです。

(photo by 著者)

キャラメルティー

クッキーです。クッキー自体はあっさりしているので、キャラメルティーなどがあうのではないでしょうか。キャラメルの甘い香りをさまたげず、おいしく頂けます。

(photo by 著者)

フレーバーティー

スコーンやブレッドなどがあうと思います。フレーバーティは香りも楽しめるものなので、あまり香りがあるスイーツはあいません。スコーンやブレッドなどでしたら、バターの風味とよくあいます。

(photo by足成)

アールグレイ

和菓子がおすすめです。アールグレイは少し苦みがあるので、和菓子の重みのある濃い味にあうのではないでしょうか。とてもおいしい組み合わせだと思っています。

(photo by足成)

筆者なりのこだわりポイント

香りがあるスイーツには、フレーバーティーやキャラメルティーなど、香りを楽しむ紅茶は選ばないのが、筆者のこだわりです。それぞれ香りを楽しみたいので、気をつけて選ぶようにしています。

注意点

ストレートで飲むか、ミルクをいれるかによって、かなり大きく味も香りもかわってきます。まずは、ストレートで味わうことを前提にして、組み合わせを考えられますことを、お薦めいたします。

おわりに

紅茶も入れ方次第で、味は大きく変わります。店によっても違うと思います。紅茶専門店に行かれた時は、ぜひ、食べたいスイーツにあう紅茶を、店員さんにご相談されますことを、お薦めいたします。

(photo by足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。