1. 料理
    2. 生地はHBにおまかせ「正統派カレーパン」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    生地はHBにおまかせ「正統派カレーパン」の作り方

    カレーパンをレトルトカレーで作りました。筆者のこだわりは、とろみをつけるためにポテトフレークを入れること。そうすることで、成形しやすいカレーパンになります。

    材料(7個・2~3人分)

    パン生地

    • 強力粉(とみざわからの贈り物1CWを使用)300g
    • 黒砂糖 35g
    • 塩(ゲランドの塩を使用) 5g
    • インスタントドライイースト 小さじ1
    • 水 130ml
    • 牛乳 30ml
    • バター 40ml

    • キーマカレーレトルト 130g1袋
    • ポテトフレーク 大さじ5
    • お湯 大さじ5
    • パン粉 50g程度

    「正統派カレーパン」の作り方

    STEP1:ホームベーカリーにセットする

    ホームベーカリーに材料を入れます。パン生地コース、具材なしで生地を作ります。

    1次発酵までおまかせです。

    STEP2:カレーの具を作る

    ポテトフレークにお湯を注ぎます。

    そこにレトルトカレー(常温のものでOK)を入れ、全体を混ぜます。

    カレーの具ができました。

    レトルトカレーをそのまま使うと水分が多いので、ポテトフレークを使っています。

    STEP3:ベンチタイムを取る

    生地ができたら、7分割(約80g)にして丸めてベンチタイムを取ります。ふきんを水で濡らしたものをかけて乾かないようにします。

    ベンチタイムは分割後に生地を休ませることで、きれいなパンに仕上げるための時間です。

    STEP4:成形する

    ベンチタイムが終わったら、生地を伸ばします。

    半分にカレーの具を乗せます。

    半分に折って、端をフォークで閉じます。

    形を整えます。

    端をフォークで閉じるのは、カレーが出てこないようにするためです。

    STEP5:2次発酵

    オーブンに入れ、35度30分で加熱。二次発酵します。

    低温発酵の機能がない場合は温かい室温で30分でも構いません。

    STEP6:衣をつける

    二次発酵が終わったら、パンの周りに水をつけ、パン粉をつけます。

    STEP7:揚げる

    パン粉をつけたら、半分くらいつかる程度のサラダ油(分量外)で揚げます。200度で中火で泡が出るくらいで揚げます。

    きつね色になったら、裏も焼きます。両面焼けたらできあがりです。

    完成!

    最後は揚げる正統派カレーパンです。こんがりきつね色になるくらいまで焼き揚げるとお店で売っているみたいになります。

    作り方のコツ

    割ってみると、カレーの具が入っています。ポイントは、ポテトフレークとしっかり閉じておくこと。カレーは比較的水分の多い具なのでよくばらずに入れ、しっかり閉じることで爆発を防ぎます。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人