1. 料理
    2. ほんのり茶色い!「ちぎりシナモンロール」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ほんのり茶色い!「ちぎりシナモンロール」の作り方

    18センチのスクウェア型で焼くシナモンロールです。中にはシナモン以外にチョコチップも入れて贅沢に仕上げました。スイーツのように食べることができます。

    材料 (18cm型分)

    ポーリッシュ種

    • 強力粉 125g
    • 水 125g
    • インスタントドライイースト 小さじ1/4

    本捏ね

    • 強力粉 125g
    • 塩 5g
    • 三温糖 13g
    • インスタントドライイースト 小さじ1
    • スキムミルク 5g
    • 無塩バター 20g
    • 水 50g
    • ミロ 大さじ2

    • チョコレートチップ 50g
    • シナモン 大さじ5程度
    • 三温糖 大さじ3程度
    これ以外にトッピングで練乳を使っています。なければ省略できます。

    「ちぎりシナモンロール」の作り方

    STEP1:ポーリッシュ種を作る

    ポーリッシュ種の材料を混ぜて、蓋をし、室温で3時間程度置いておきます。

    STEP2:本捏ねをする

    本捏ねの材料をホームベーカリーに入れます。

    そこにポーリッシュ種を入れてパン生地コース、レーズン「なし」で生地づくりをします。

    1次発酵までおまかせです。

    STEP3:ベンチタイムを取る

    生地ができたら、丸めてベンチタイム20分を取ります。ぬれたふきんなどで乾かないようにしておきます。

    STEP4:成形

    めん棒で縦長の長方形にします。

    18センチの型に9個のシナモンロールを入れる計算なので、縦長に伸ばしています。

    全体にシナモン、チョコレートチップ、三温糖を乗せます。

    端からくるくると巻いてロール状にします。

    STEP5:型に入れる

    ナイフで9等分にします。

    9個をシートを敷いた型に並べます。

    STEP6:二次発酵、焼成をする

    35度のオーブンで二次発酵をします。30分かけた後、いったん取り出します。

    オーブンの予熱をかけている間にライ麦粉(分量外)を茶こしでかけておきます。焼成は160度18分。焦げない程度に加熱するのがポイントです。

    完成!

    9個のシナモンロールが並んだちぎりシナモンロールが完成しました。チョコチップも入っていて、甘めのシナモンロールです。

    練乳でさらにおいしく!

    ナイフで1個ずつちぎって食べます。写真のように上からお好みで練乳をかけるとさらにおいしくなります。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人