\ フォローしてね /

比率を覚えればいつでも簡単! ホワイトソースの作り方

ホワイトソースとは、溶かしたバターと小麦粉を炒めて牛乳で伸ばし、塩で味付けしたものです。グラタン、ドリア、コロッケ、シチュー、クリーム煮など用途が広いです。

そこで、比率を覚えてしまえば簡単に量を調節して作れる、ホワイトソースの作り方を説明します。

材料(約1L)

  • 牛乳:1リットル
  • バター:50グラム
  • 薄力粉:50グラム
  • 塩:小さじ1と1/2
比率は、バター:薄力粉:牛乳 = 1 : 1 : 20です。
今回は切りの良い数字の量で作りましたが、もっと少ない量でもこの比率を使えば簡単に作ることが出来ます。

ホワイトソースの作り方

STEP1:バターを火にかける

バターを鍋に入れて、弱めの中火にかけます。

STEP2:薄力粉を入れる

薄力粉を入れ、木べらで混ぜます。

最初はだまになっていますが、熱していくうちに沸々と泡立ち、段々とさらさらとした感じになります。

STEP3:牛乳をレンジで温める

牛乳を電子レンジ500Wに約5分(600Wの時は少し短めです)かけて、温めておきます。

STEP4:火を止めて牛乳と混ぜる

鍋の中がさらさらした感じになれば、火を止めます。温めた牛乳を少し入れ、混ぜてなじませます。だまがなくなりなめらかになったら、また牛乳を少し入れて混ぜるのを繰り返します。

STEP5:再び火をつけて混ぜる

マヨネーズくらいのとろみになったら、再び火にかけます。

今度は弱火です。少しずつ牛乳を入れて、静かにかき混ぜます。だまにならないように、なめらかになったら牛乳を入れる、という繰り返しです。残りの牛乳の半分まで入れていきます。

STEP6:残りの牛乳と塩を入れる

残りの牛乳と塩を入れて、かき混ぜ続けます。このときはほとんどとろみがないので、お箸を入れてもほとんど付いてきません。

シチューを作るときは、ここでコンソメを入れます。

STEP7:とろみがつくまで混ぜる

焦がさないように静かに8分ほどかき混ぜ続けるととろみが付きます。お箸にもしっかり付いてきます。

STEP8:完成!

とろみが付いたら出来上がりです。

おわりに

ホワイトソースは、家にある材料ですぐに取りかかることが出来るので、作り方を覚えておくと便利です。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。