\ フォローしてね /

日本人に難しい「æ」の発音方法!

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

日本人が英語を勉強する際に直面する大きな問題の一つとして発音があります。

そもそも、日本語と英語では口、舌の使い方が違うために難しいのは当然です。

本記事では、著者が考える発音のポイントをご紹介します。

「æ」の発音方法

1:「エ」の口で「ア」と言う!

簡単に説明しますと、「æ」を発音するときにはまず、日本語の「エ」の口の形にします。そして、その形のままで「ア」と発声すれば「æ」の発音になります。

難しいと思われがちな「æ」の発音ですが、実はそこまで難しくはありません。

違和感がありますが、口の形がポイントです。

2:練習方法

最初のうちは慣れないと思いますので、唇の両側を自分の人差し指などで横に引っ張り、無理やり、「エ」の口の形をつくり、「ア」と発声してください。

ポイントは、下あごをひき気味で発音してみると発音しやすいです。

3:「æ」を含む難しい単語例

例えばappleのように単語の一番頭に「æ」の発音がくる場合は、口の形を用意できますので、慣れてくれば簡単になってきます。

難しいのは口の形を用意できない、capのように単語の真ん中に「æ」の発音がくるものです。ただ、このような場合も口の形はあくまでも同じですので、「キャップ」というよりは「キェップ」と発音するような気持ちで発音すればよいでしょう。

おわりに

最初のうちは「ア」というのではなくむしろ「エ」に近い発音なのだと思ってください。

appleを「エップル」、capを「キェップ」というような気持ちで発音すると割と簡単に発音できますよ!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。