\ フォローしてね /

わずか10分で本来の輝きを!自宅で簡単宝石クリーニング

ダイヤモンドには「親油性」という油になじみやすい性質があることをご存知ですか!?「ダイヤの輝きは永遠だ!!」なんていうちょっとした勘違いから、何もしなくてもかつての輝きを保ったままだと錯覚してしまいがち。
デートやちょっとしたパーティ前に大活躍♪♪
ご自宅で10分以内、簡単宝石クリーニング方法をご紹介致します。

歯ブラシ1本!10分以内!自宅で簡単宝石クリーニング

ジュエリーを着け外しする際、どうしてもダイヤの表面には手の油分や化粧品等が付着するため、使うたびに本来の輝きは失われていきます。

ある日突然というわけではなく、使っているうちに徐々に輝きが鈍くなりますので、身に着けているご本人は、かつての輝きは保たれたままだという錯覚に陥りがち。

とても綺麗なダイヤモンドをお持ちでも、日頃のケアが行われていないため、その輝きが半減している場合が大半です。

結婚式や各種パーティなど、身に着けるタイミングが事前に分かっている場合でも、ジュエリーのケアまで意識されている方は100人に1人もいらっしゃらないでしょう。

ジュエリーメーカーや街の宝石店では定期的なクリーニングがお奨めされている中、いつかやらなきゃとは思いながらも、わざわざ宝石店に足を運ぶ時間なんて捻出できないもの。

ここでは、『誰でも簡単、お金をかけず、ご自宅でできるジュエリーケアの方法』をご紹介したいと思います。

注意事項
・石の種類によってクリーニングの方法は異なります。今回ご紹介する方法では、石はダイヤモンド・ルビー・サファイア、地金はプラチナ・ゴールドを対象としております。水や熱に弱い宝石(真珠・珊瑚・トルコ石・エメラルドなど)への洗浄はお控え頂き、これら個別のクリーニング方法につきましてはお近くのジュエリーショップにご相談下さい。
・石鹸での洗浄は、石と地金の隙間などに石鹸カスが残り易いためお控え下さい。
・地金を強くこすり過ぎると摩耗傷が入りますので、リングの腕など目立つ部分へのブラッシングは極力避け、石と地金の隙間や台座の裏側を中心にケアを行って下さい。
用意するもの
・柔らかい歯ブラシ (使い古した物でOK)
・中性洗剤 (台所用の洗剤でOK)
・洗面器 (お湯の張れる器でOK)
・タオル (洗浄後に拭き取れる布やティッシュでOK)

クリーニング手順

1. お湯を張った洗面器に中性洗剤を混ぜる (ダイヤの場合は熱湯でOK)

2. 洗面器にジュエリーを浸け、5分程度置く

3. 石と地金の隙間や台座の裏側に歯ブラシを当て、軽く泡立てながら汚れを取り除く

4. ジュエリーを水ですすぐ (勿論ぬるま湯でもOK)

5. タオルやティッシュで水分を拭き取る

以上、たったこれだけの作業で、ジュエリーが見違えるほどの輝きを取り戻します!!

美は1日にして成らずとも、輝きは10分で取り戻せる!

10分もあれば、宝石クリーニングはご自宅で簡単にできるもの。
歯ブラシ1本での簡単ケア♪♪
今すぐにでもお試し頂きたいと思います。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。