\ フォローしてね /

ニオイが染みついたブーツの簡単消臭術 

おしゃれの必須アイテムブーツ!秋、冬ファッションには欠かせないですよね!でもどうしてもニオイが気になってしまいます。特に保温効果抜群のブーツはどうしても蒸れてニオイを発します。お座敷のお店、友人宅にお邪魔する時、ついつい靴を脱ぐのを躊躇してしまうことはありませんか?

ちょっとしたお手入れでニオイが解消されます。是非、お試しください。

用意するもの

  • ドライヤー
  • 10円玉×4枚
  • 洗濯バサミ
  • コットン×2枚

やり方

とにかく乾燥をさせることが大事です。汗をたっぷりと吸い込み、ニオイをはなっている靴をしっかり乾かしてください。

STEP1:ドライヤーで内側を乾かす

湿ったブーツの中をしっかり乾かすためにドライヤーをかけます。熱をかけすぎるとブーツが傷んでしまうので、数回に分けてドライヤーをかけるといいでしょう。しっかり乾かしてください。

STEP2:10円玉を入れる

しっかり乾かしたブーツの中に、10円玉を左右2枚ずつ入れます。

10円玉の原料である銅には、除菌・消臭効果があります。

STEP3:口を閉じる

銅の効果をアップさせるために、ブーツの口を閉じます。洗濯バサミでしっかり閉じてください。ブーツに洗濯バサミの痕が残らないように、間にコットンを入れるといいでしょう。

おわりに

あまり効果を得られない方は10円玉の数を増やしてみてくださいね。

Twitterで紹介!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。