\ フォローしてね /

リサイクル素材で簡単!ピラミッド型コインケースの作り方

リサイクル素材を使って簡単に出来る、ピラミッド型コインケースの作り方を説明します。

用意するもの

  • 短めのファスナー 1本
  • ビニール素材
  • カッター
  • 定規
  • カッティングマット
著者は、服の飾りポケットに付いていたファスナーと、子供の使わなくなった学習教材の付録のビニールマットを使用しました。

ピラミッド型コインケースの作り方

STEP1

ファスナーの長さを測ります。

著者のファスナーは12cmでしたので、これを基準にして説明していきます。

STEP2

カッターでビニールマットを切り、1辺が12cmの正方形を2枚作ります。

STEP3

ビニールマットの1辺とファスナーの端を中表に合わせ、ミシンで端から5mmくらいの所を縫います。

スライダーで縫いにくくなってきたら、途中で針を下ろしたままミシンの押さえを上げ、スライダーをずらして端まで縫います。

STEP4

今度はもう一枚のビニールを、STEP3と同様にして、ファスナーを縫い付けます。

著者の場合、ビニールマットの裏側が、ウレタン素材になっていたので針が進みませんでした。オーブンシートやトレーシングペーパーなどをミシンとビニールの間に挟むと、すべりがよくなり縫いやすくなります。縫いにくい場合はこの方法を試してみてください。

これでファスナーが付きました。

STEP5

ビニールをファスナーの歯のところまで折り返し、端から2mmくらいのところを縫います。

ミシンの押さえをファスナー押さえに変えると縫いやすいです。

反対側も同様にして仕上げます。

STEP6

ビニールを中表に合わせ、両端を揃え、端から7mmくらいのところを縫い合わせます。

STEP7

底辺(ファスナーの付いていない辺)を開いて、端同士を合わせた状態にして底辺を縫い合わせます。

この時、合わせた底辺は直線にはならないので、なるべく直線になるように縫い、余分な縫い代はカットします。

STEP8

ファスナー口から表に返し、角を丁寧に整えて完成です。

デザインのこだわり

ビニールを使っているので、切りっぱなしで良いところと、出来上がった際に自然にピラミッド型になるのがポイントです。

ファスナーの長さによって好きな大きさで作れます。使わなくなったビーチバッグやテーブルクロス、シャワーカーテンなどを使って、いろいろなサイズで作ることができます。

ハンドメイドのメリット・デメリット

メリット

要らなくなったもの、家にあるもので作れることです。「あんなものでこんなものが出来ちゃった!」という驚きと喜びがあります。

デメリット

素材によっては破損しやすいことです。万が一すぐに破けてしまっても、所詮はリサイクルと割り切って、楽しみながら作ってみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。