\ フォローしてね /

長期間使っていなかった口座の暗証番号を忘れてしまったら?口座の暗証番号の問い合わせ・変更方法【体験談】

最近は金融機関の合併などが多く、その手続きが面倒で少額の休眠口座が増えていると思います。しかし、長い間放置しておくと、その口座の暗証番号なども、すっかり忘れてしまいます。

数年後通帳が出てきて思い出し、いざATMで引き出そうとしても、覚えていませんし、手続きも出来ないことがありますよね。

そんな場合の、暗証番号問い合わせと変更手続きについてご紹介します。

ゆうちょ銀行の休眠口座

ゆうちょ銀行の普通預金口座でした。結婚前に口座を開設し、キャッシュカードもつくったのですが、20年近く放置していた休眠口座です。

通帳だけは、ゆうちょ銀行になった時に変更していました。そのおかげでATMで利用できました。古い通帳の場合は、その手続きがまず必要となります。印鑑さえあれば簡単にできますので、ぜひ手続きなさって下さい。

ATMで暗証番号がわからずにエラー

その口座を振込み口座にしようと思いたち、15年ぶりに通帳を使ってお金を少し入金しました。後日、また少しATMで払い出しをしようとしたところ暗証番号が思い出せず、3度やってエラーになってしまいました。

ATMでは、暗証番号を3度間違えると、入力できなくなります。窓口で解除手続きが必要です。

登録内容を変更するときに用意したもの

必要なもの

  • 通帳
  • 印鑑
  • 身分証明書

但し、これは暗証番号の入力解除と、問い合わせ手続きのためです。暗証番号のみ変更の場合は、ATMで出来ますので、通帳だけあれば大丈夫です。

登録内容を変更する時の流れ

ゆうちょ銀行の窓口で、暗証番号入力停止の解除をするため、用紙に記入し、捺印しました。その場ですぐ解除されます。それから暗証番号問い合わせの用紙に記入し、捺印しました。

すると、後日暗証番号を書いた用紙が自宅に届けられます。その暗証番号をゆうちょ銀行のATMで入力し、変更すれば手続きは完了です。

休眠口座を使うときは早めの行動を!

暗証番号をすっかり忘れてしまっていたので、数日払い出しを待たなければなりませんでした。

休眠口座を使おうと思った場合は、暗証番号のお知らせに数日かかる事を考え、はやめに行動されることをお薦めいたします。

おわりに

他にも休眠口座があったので、今回その手続きの仕方がわかって良かったです。幾つかある休眠口座も解約するか、使用するか、判断していこうと思います。

暗証番号は忘れがちです。忘れてしまっても、身分証明書と印鑑、通帳があれば簡単に問い合わせは出来ます。休眠口座をもっておられる方は、一度確認されますことをお薦めいたします。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。