\ フォローしてね /

簡単に作れる定番ウイスキーカクテル2品「ラスティ・ネール」&「ゴッドファーザー」のレシピ

自宅でも簡単に作れる有名なウイスキーベースのカクテル2品をご紹介します。甘口で飲み易くウイスキーを飲み慣れない方や女性にもおすすめです。

2品ともシェーカーは不要です。

ラスティ・ネール

  • スコッチウイスキー 30ml
  • ドランブイ     30ml
  • ロックアイス    適量

ドランブイはスコッチウイスキーに蜂蜜・ハーブ・スパイスを加えたリキュールです。その為、合せるウイスキーもスコッチを使うのが常道ですが、ブレンデット等他のウイスキーでも美味しくいただけます。

STEP1:グラスにウイスキーとドランブイを入れる

グラスは写真のような底の広いオールドファッショングラスがおすすめです。

STEP2:氷を加え軽くステアする

氷は融け難い市販のロックアイスがおすすめですが、家庭の冷蔵庫で出来るキューブアイスでも構いません。

ステアはスプーンの背をグラスの内側に向け底まで入れて軽く回転させます。

ゴッドファーザー

  • ウイスキー  45ml
  • アマレット  15ml

作り方・注意点等は上記のラスティネイルと同じです。こちらはアマレットという『愛のリキュール』の異名を持つ杏子の香りのするお酒を使います。

名作映画『ゴッドファーザー』の公開をきっかけに生まれたカクテルであり、ウイスキーの辛さがマフィアの冷酷さを、ドン・コルレオーネの祖国と同じイタリア生まれのアマレットの甘さが家族愛を表しているそうです。

ウイスキーをウォッカに変えると『ゴッドマザー』、ブランデーに変えると『フレンチ・コネクション』というカクテルになります。

その他

カクテルには様々なお酒を使うため、全てをフルボトルで購入するとかなりの高額になります。そこでカクテルをお試しで作ってみたい方にはミニチュアボトルの購入をおすすめします。大きな酒販店やネット等で購入でき、フルボトルを購入するより安価で色々なお酒を用意できます。

おわりに

2品とも甘口ですがアルコール度数40度ほどありますので飲み過ぎには注意して下さい。

リキュールの量を調整したり、ウイスキーをバーボンやピュアモルトに変えると色々なバリエーションを楽しめます。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。