\ フォローしてね /

知識が広がる!ヴィジュアル系しりとりの遊び方

ヴィジュアル系バンドが好きな方なら一度はやってみたことがあるのではないでしょうか。今回は筆者なりの楽しみ方を含めてご紹介します。

遊べる人数

1人〜何人でも

遊び方

基本的には、普通にしりとりをします。ただし、その単語をヴィジュアル系に関するものに限定して行います(バンド名、メンバー名、曲名、等)。また、メジャー、インディーズ、現役、解散、活動休止、等は問いません。

どこまでがヴィジュアル系であるかという点は、実践される方におまかせします。

ヴィジュアル系しりとりを楽しむポイント

ポイント1:範囲を決めておく

使える単語は、バンド名とメンバー名のみ、というように範囲を決めておきます。行き詰まったら、相手と話し合って範囲を拡大するのもいいでしょう(曲名、ライブハウス名、振りの名前、等)。

ポイント2:同じ名前でも別人物ならOK

例えば「ユウ」さん、悠・優・勇・結生・YOU・Yuh…と何人も存在します。この場合、バンド名をつけて「〇〇〇のユウ」と言います。同じように、曲名の場合では「〇〇〇のロザリオ」のように言います。

ポイント3:「ジェ」「ジュ」「フェ」「ー」などで終わる時

ヴィジュアル系に関する単語には、フランス語などの外国語がよく使われており、濁った音で終わることが多いです。この次に続ける単語は、できる限りそのままの音で続けます。

  • 例:MIRAGE(ミラージュ)→Juri(ジュリ) 「ー」で終わる時は、直前の音に戻ります。
  • 例:PlasticTree(プラスティック・トゥリー)→Λucifer(リュシフェル)

ポイント4:単語を知らなくても実在していればOK

もし、相手が名前を知らなくても次に進めることとします。なぜなら、このしりとりを通して、バンドやメンバーを知り、曲を聴き、ライブに行くというきっかけになる可能性があるからです。

単語を思い出せなくてもネットで調べたりしてはいけません!自分の持つ情報量で挑戦することも楽しみの1つです。終了してから、vkdbなどで調べてください。

ゲームの終わり

単語を思いつかなくなったり、最後に「ん」がつくと終了です。

例外あり

バンドの中には「ん」から始まるものが存在します。裏技としてこれを利用すると、一度だけ続けることが可能になります。

それにより、「AliceNine(アリスナイン)」、「犬神サアカス團」、「Schwarz Stein(シュヴァルツ・シュタイン)」、「PENICILLIN(ペニシリン)」、「Moran(モラン)」、「Lycaon(リカオン)」、等の「ん」で終わる単語を安心して使うことができます。

おわりに

ヴィジュアル系しりとりは、勝ち負けよりもどれだけ長く続けられるかが楽しむための最大のポイントなのではないかと思います。また、思い入れのあるバンドやメンバーさんの名前を言えたときは、それだけで嬉しい気持ちになれます!

通学・通勤時間に1人で楽しんでみたり、お友だち同士で賑やかに遊んでみてはいかがでしょうか?

これからもヴィジュアル系という文化が発展しますように、願いを込めて!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。