\ フォローしてね /

肌寒いお花見や屋外イベントで「ホットな紅茶カクテル」を楽しむ方法

nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi
かかる手間
Image cooktime01
食べられるまで
1

編集部からのポイント

  • 荷物プチサイズ

    外へ持ち出すのは手のひらに収まるミニボトルだけ

  • 現地でカクテルに

    自販機やコンビニでホットの紅茶を買ってお酒を混ぜよう

  • お酒の濃さ自在

    お酒に弱い人は数滴でもいい香り、強い人はたっぷり混ぜられる

  • お花見などの屋外イベントで最初は楽しく乾杯していたのに、日が沈むにつれてどんどん気温が下がり、寒さに震えた経験はありませんか?

    そんなときのために、小瓶を1つ持って行けば机がなくても作れる「紅茶とリキュールを使ったホットカクテル」のレシピをご紹介します。

    出先で温かい紅茶を買うだけ!

    イベントには好きなミニボトルのリキュールを携帯していきます。出先の自動販売機でホットの紅茶を買えば、いつでもどこでも暖かななひと時を楽しめます。

    茶葉が香る紅茶と風味の強いリキュールを合わせるので、香り豊かな紅茶カクテルになります。お酒の種類や濃さを変えられるだけでなく、購入する紅茶を無糖・加糖から選ぶことで甘さも自分好みに調節できますよ1

    用意するもの

    • 紅茶(ペットボトル)…1人分
    • お好みのリキュール…30ml

    用意するリキュールは、ミニボトルがおすすめです。たくさん飲む場合は問題ないですが、大きいボトルを買うと持ち運びにくく、飲み切れない可能性があります。

    リキュールってどんなもの?2
    蒸留酒に果物や薬草、スパイスなどで風味付けし、甘味や色を加えた混成酒のことです。風味が強いのが特徴。

    お酒売り場や製菓コーナーで買える3

    ミニボトルのリキュールは、コンビニには意外と売られていません。酒屋さんやスーパーのお酒売り場、製菓コーナーに行ってみてください。300~400円程度で棚に並んでいます。製菓用リキュールも同じように飲めるので大丈夫!

    製菓用リキュールはカクテル用と中身は同じ?4
    カクテル用のリキュールと中身はほぼ同じです。ただ、製菓用はお菓子作りの邪魔にならないように糖分が控えめだったり、香りや色、アルコール度数が違ったりと、種類によっては微妙に差があるものもあります。

    紅茶と相性の良いリキュール5

    • オレンジリキュール:コアントロー、グランマルニエなど。爽やかな香りでフレーバーティーのような味わい
    • 蜂蜜リキュール:甘いものが好きな方にオススメ
    • 紅茶リキュール:フォションなど。紅茶×紅茶で濃厚で深みのある香りに
    • ハーブ系リキュール:カンパリなど。ビターで複雑な大人の味に
    • クリーム系リキュール:ベイリーズなど。ロイヤルミルクティーのような深い味わいに

    甘いリキュールを加糖紅茶に混ぜる場合は、甘くなり過ぎないように初めからたくさん入れないようにしましょう。少しずつ入れて味見するのがおすすめです。

    作り方

    1ボトルを用意する

    ペットボトルの温かい紅茶とお好みのリキュールを用意します。

    2リキュールを注ぐ

    紅茶にリキュールを30ml程度入れます。少量ずつ入れて、香りをつけて楽しんでもOKです。溢れそうなときは、一口程度紅茶を飲んで量を減らしておきましょう。

    30mlはペットボトルキャップ4杯分6
    お酒の量はお好みで構いませんが、レシピ通りにする場合、ペットボトルのキャップ1杯が約7.5mlなので4杯程度入れれば30mlになります。

    3振って混ぜる

    紅茶とリキュールが混ざるように軽く振ります。

    4完成!

    あっという間に完成です。香りのよいお好みのホットカクテルで、温かく過ごしてくださいね。

    おうちで楽しむときのポイント

    普段通りにティーバッグで紅茶を入れて、お好みでお砂糖を足したら、同じようにお酒を注いで完成です。

    お好みのリキュールグラスやショットグラスにリキュールを注いで、紅茶に添えるとオシャレです。より優雅な雰囲気を味わえますよ。

    お気に入りの組み合わせを見つけよう!

    お酒とホットドリンクの相性は抜群!体を内側から温めたいときにもぴったりです。

    紅茶とリキュールはどちらもいろんな種類があるので、お気に入りの組み合わせを探してみるのも楽しいと思います。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    追記した箇所一覧

    • 12019年01月30日「楽しみ方・飲み方」について追記しました。
    • 22018年03月14日「リキュールとは」について追記しました。
    • 32019年01月30日「購入場所」について追記しました。
    • 42018年03月14日「製菓用とカクテル用リキュールの違い」について追記しました。
    • 52018年03月14日「各リキュールの特徴」について追記しました。
    • 62019年01月30日「外での量り方」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。