\ フォローしてね /

里芋で実践!茹でこぼしのやり方

はじめに

料理の下ごしらえ「茹でこぼし」のやり方をご紹介します。

写真は茹でこぼしを2度行った里芋で煮物を作りました。茹でこぼしすると味が染みやすく美味しい煮物になります。

「茹でこぼし」とは

熱湯の中に食材を入れ、再び煮立ったらお湯を捨てる
水から食材を茹で、煮立ったらお湯を捨てる

ことをいい、食材の臭み・アク・ヌメリなどを取り除く為の下処理です。 アクやヌメリの強い食材を調理する時、下処理なしに調理すると、エグミが強すぎたり、ヌメリの為に味が染込まないことがあります。ですから、茹でこぼしの作業を1度、食材によっては2,3回行います。

茹でこぼしが必要な食材例 : 里芋、サツマイモ、栗、こんにゃく、ひじき、モツなど

そこで里芋の茹でこぼしのやり方をご紹介します。

里芋の茹でこぼし

STEP1

鍋に水を用意する 里芋などの根菜類は水から茹で、煮立ったらざるにあける

水から茹でるのは、中まで熱を通し、里芋の表面と内側の温度差を最小限にするためです。

STEP2:煮立ったらざるにあけ、水で洗う

ぬめりを取る為に水で洗ってください。

STEP3:STEP1~STEP2をさらに1,2回くり返す

里芋は食材の中でも特にぬめりが強いので、茹でこぼしの作業を2,3回することで、ぬめりを取り除きます。

茹でこぼしをすることで、その後の調味料の含みを良くしてくれますので、是非お試しください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。