1. コミュニケーション
    2. 日本人の苦手な英語「θ」の発音の練習方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人の苦手な英語「θ」の発音の練習方法

    はじめに

    日本人にとって、英語の発音は、なかなか簡単ではありません。著者は2年のアメリカ在住で発音の大切さをとても実感しました。

    今回は、そのなかでも日本人が特に苦手な「θ」の発音の練習方法と、コツをご紹介します。

    「θ」発音方法と練習方法

    この発音はアルファベットで書くと「th」です。日常でとてもよく使います。例えば、Thank you,Think, mouth 

    発音方法

    • STEP1 

    まず、軽く口を開けて舌を、軽く突き出してください。歯の間からちょっとはみ出るくらいです。上記の写真を参考にしてください。

    • STEP2

    1の状態のまま、軽く息を吐き出します。歯と舌の隙間から息が漏れて、スィーというような音がでます。これが、THの発音です。

    慣れないうちは、変な感じがしますが、この口の形をしっかり覚えてください。

    練習方法

    θの発音の口を作ります。そして、口から10センチほど話したところに手をおきます。

    そのまま、口から息を吐き出します。手に息がかかるくらいの強させ吐き出してください。

    最初は、かなり強めに、歯と舌の隙間から息が漏れるのを意識しながら行ってください。

    おわりに

    英語を話すうえで、発音はとっても大切です。せっかく単語をたくさん知っていても発音が出来ないと、ネイティブには伝わりません。

    カタカナ発音は、ネイティブたちにとっては非常にわかりわかりずらいようです。

    Thank youなども、サンキューではなく、Thの発音を意識してスィンキューという感じで練習をしてみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人