\ フォローしてね /

残り野菜で簡単!酸辣湯の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

ヘルシーで塩分控えめ、ぽかぽか酸辣湯の作り方をご紹介します。

作りたいなと思ったときにある野菜でパパッと作ることができますよ。アジアンテイストにチェンジするワンポイントもご紹介します。

材料(2人分)

  • 卵:2個
  • トマト:1個
  • にんじん:1/4本
  • キャベツ:1/5個
  • ねぎ:1/5本
  • みつ葉:1束
  • レモン:1/2個
  • ラー油:5ml
  • 塩:小さじ1/2
  • ごま油:大さじ1
  • 鶏がらスープの素:小さじ2
  • 水:500ml
卵、トマト、調味料さえ用意できれば、その他の具材はあるものを好みで入れて大丈夫です。

酸辣湯の作り方

STEP1:材料を切る

トマト、レモンは1個を8等分にした大きさに串切り、にんじん、キャベツは小さ目の細切りにします。

他に入れたい食材があれば同じように小さく刻んでおきましょう。もやし、キノコ類、豆腐等。

STEP2:煎り卵を作る

ごま油をひいて熱したフライパンに、溶き卵を入れてサッと炒ります

画像のように、フライパンに落とした瞬間に熱が通るように、あらかじめよくフライパンを熱しておきましょう。

卵は火が入り過ぎる前に別の器にとっておきます。

STEP3:トマトを炒める

煎り卵を取り除いたフライパンにごま油を足して、トマトを炒めます。

STEP4:スープを作る

トマトを1、2分炒めたら水と鶏がらスープの素を入れます。

STEP5: 具材を入れる

にんじん、キャベツ、ねぎを入れて沸騰するまで熱します。

野菜に火が通ったら、弱火にして卵、みつ葉は火を止める直前に入れましょう。

STEP6:味を調える

塩、レモン果汁、ラー油を入れます。

レモンは串切りにして果肉に切れ目を入れておくとスクイーザーがなくても絞れます。

STEP7:盛り付けて完成!

串切りにしたレモン(分量外)を添えたら出来上がりです。

レモンは食べる直前に絞ることで、アジアンテイストを味わうことができます。

おわりに

今回の酸辣湯は、レモンとみつ葉を最後に加えることでアジア風さっぱりめに仕上げてみました。

そうめんや春雨を入れて食べるスープにするのもおすすめです

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。