\ フォローしてね /

ほのかな甘みの「ふんわりだし巻きたまご」の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

関東風のたまご焼きは甘みが前に出ていますが、関西風のだし巻きたまごは薄味で、それほど甘さを感じませんよね。

このレシピでは、関西風をヒントにした、ほんのりとした甘さのだし巻きたまごの作り方を紹介します。

材料 (2人分)

  • たまご    3個
  • 水      70cc
  • かつおだしの素(粉末)    小さじ1/4杯
  • 砂糖     小さじ1/2杯
  • みりん    小さじ1/2杯
  • 薄口醤油   小さじ1/4杯
  • 塩      小さじ1/4杯
  • 酒      大さじ1/2杯
  • サラダ油   大さじ1と1/2杯

作り方

STEP1:かつおだしの素を水で溶く

かつおだしの素を水で溶きます。

STEP2:たまごと調味料を合わせる

ボウルにたまごを割りいれ、水で溶いたかつおだしの素、調味料をすべていれます。

入れたら、菜箸で白身を切るように混ぜます。

STEP3:ざるで漉す

STEP2のたまご液を、ざるで漉します。

ざるの上に残った白身も、木べらなどで漉します。木べらがなければ、菜箸でも漉せます。

これにより、食感がふんわりやわらかになります。面倒なら省いてもいいですが、ぜひしてみて下さい。

STEP4:フライパンにサラダ油をなじませる

たまご焼き用のフライパンでサラダ油を温め、フライパンを傾けて、全体になじませます。

内側の側面にもサラダ油をなじませると、焦げつきを防げます。

STEP5:余分な油を取り分ける

サラダ油が水のようにサラッとしてきたら、フライパンが温まった目安なので、余分なサラダ油(半分から1/3量くらい)を、耐熱性の容器や皿にあけます。

この油は、あとで使うので捨てないでください。

STEP6:巻く

たまご液の1/4量を、フライパンに流しいれます。火加減は、強火から強めの中火が目安です。

ふつふつと盛り上がってきたところは、菜箸でつぶして下さい。たまご液が焼けたら、フライ返しなどで、片側に巻いてゆきます。

砂糖とみりんが入っているので、焦げやすくなっています。たまご液を入れはじめたら、手早く進めてください。
完全に焼けきるのを待つと、焦げてしまいます。
焼けたたまごのうえに、少々生のたまご液が残っているくらいで巻いていった方が、やわらかく出来上がって美味しいです。

STEP7:油をなじませる

フライパンの空いたところに、STEP5で取っておいたサラダ油を少々いれ、またフライパン全体になじませます。

油を足さなくても焼けそうなら、足さなくてもOKです。残った油はほかの料理に使ってください。

STEP8:たまご液を入れる

また、たまご液の1/4量を流し入れます。

巻いたたまごの下にも、たまご液を流し入れます。たまごを菜箸で軽く上げると、かんたんに流し入れられます。焼けてきたら、再び巻いてゆきます。

たまご液がなくなるまで、STEP7とSTEP8の作業を繰り返します。

調理のあいだにフライパンが熱くなっていきます。適宜、火加減を弱めてください。

STEP9:粗熱をとる

出来上がったら、まな板のうえに取り、5分ほど冷まします。粗熱がとれたら切り分けます。

粗熱が取れてから切った方が、きれいに切れます。

おわりに

たまご液を漉したので、食感がすごくやわらかいだし巻きたまごです。
やわらかさを味わいたいので、味付けはあくまでも控えめにしました。

キリッと冷やした日本酒にも合うかと思います。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。