\ フォローしてね /

パンツタイプのおむつの基本的な替え方

はいはいや立っちをするようになった赤ちゃんのおむつ替え、大変ですよね。テープタイプからパンツタイプにしようかと思うけれど、パンツタイプのおむつ替えってどんな感じでするのかしらとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、筆者が実際に行っているパンツタイプのおむつの替え方をご紹介します。

テープタイプとパンツタイプの違い

テープタイプ

テープタイプは、赤ちゃんが寝た状態で外したり履かせたりするのが基本です。赤ちゃんのウエストの細さに合わせてテープを調整してとめます。外すときはとめてあったテープを外に開く形で外します。テープは何度でもとめたり外したり出来ます。

パンツタイプ

パンツタイプは、赤ちゃんがはいはいしていたり立っていたりしても履かせることが出来ます。もちろん寝かせて使うことも出来ます。ウエストがゴムになっていて伸び縮みします。

履かせるときは普通のパンツのように履かせ、外すときはサイドが破れるようになっているので両端を破って外します。破ってしまうともう一度履かせることはできません。

用意するもの

  • 新しいおむつ

  • おしりふき

うんちのときは、子どもの気をひくためのおもちゃなどがあるといいです。

パンツタイプのおむつの替え方~おしっこ編~

STEP1 おむつの両端を破って外し、おしりを拭く

おむつのウエストの両サイドにあるつなぎ目のところを破ります。足の間から抜き取って、手早く股の間からおしりを拭きます。

STEP2 新しいおむつを履かせる

はいはいする赤ちゃんの後ろから見た図です。新しいおむつの足を入れる部分に手を入れ、赤ちゃんの足を引き寄せるようにして履かせます。

STEP3 ギャザーを整えて完成

ギャザーを広げるようにして整え、おしりをすっぽりと包みます。

ギャザーがよれていると漏れの原因になります。

完成!

これで完成です。

使い終わったおむつは、くるっと丸めて後ろのテープでとめて捨てます。

パンツタイプのおむつの替え方~うんち編~

うんちのときはテープタイプと同じような交換方法が一番安心です。

STEP1 おむつを破って前に開く

まず赤ちゃんを横に寝かせます。嫌がって立ち上がったりするのでおもちゃなどで気をひきます。おしっこの時と同様に両サイドを破り、今度は抜き取らずに前に開きます。

STEP2 おしりを拭く

おもちゃを持たせた状態で片手で両足を押さえます。

もう片方の手でおしりふきを使っておしりを拭きます。お尻がキレイになったら、汚れたおむつを横に避けておきます。

汚れたおむつをそばに置いていると、赤ちゃんが暴れたときに足にうんちがつくなど大変なことになります。

STEP3 新しいおむつを履かせる

新しいおむつの足を入れる部分に手を入れ、赤ちゃんの足を持って片方ずつ履かせます。後はギャザーを整えて完成です。

失敗を減らすための裏ワザ

ちょっと強引かもしれませんが、筆者が時々やっている裏ワザをご紹介します。

新しいおむつを履かせる前におしっこをされてしまった、という失敗をなくす

おむつを外す前に次のおむつをスタンバイさせておきます。つまり二個履いている状態にするのです。

古いのを破っておしりを拭いたら抜き取り、そのまま新しいのを上に上げて履かせるという作戦です。

どうしても寝転んでくれない子のうんちを処理する

やむを得ず立ったままうんちのときのおむつ替えをする方法です。テレビ等に夢中にさせておいて、立ったままおむつの両サイドを破ります。

うんちをおむつで包み込むようにして軽く拭き取ります。おむつをそのまま股の間で手で支え、もう片方の手でおしりふきを使って拭きます。大体拭けたらおむつをよけておき、片足ずつ開かせて仕上げ拭きをするといいと思います。

後は急いで新しいおむつを普通のパンツのように立ったまま片足ずつ履かせます。

おわりに

パンツタイプのおむつの替え方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

はいはいする子のおむつ替え、うんちのときは慣れるまでは大変かもしれません。筆者は初めはうんちのときはテープタイプ、おしっこの時はパンツタイプという風に併用していました。

いくつになったらパンツと決まっているわけではないので、参考にしていただいて少しでも楽におむつ替えできるといいですね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。