1. 料理
    2. テーブルロールにも!「正統派バターロール」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    テーブルロールにも!「正統派バターロール」の作り方

    ふんわりした正統派バターロールの作り方です。味はシンプルなので、テーブルロールとしても活躍します。

    成形で一個ずつ違う表情になりますが、それもまたかわいいもの。バターたっぷりでふわふわのバターロールです。

    材料(7個分・2~3人分)

    • 強力粉(モナミを使用) 250g
    • 水 170g
    • 塩(ゲランドの塩を使用) 4g
    • 三温糖 13g
    • スキムミルク 5g
    • 無塩バター 35g
    • インスタントドライイースト 小さじ1

    「正統派バターロール」の作り方

    STEP1:ホームベーカリーで生地をこねる

    全部の生地をホームベーカリーに入れ、パン生地コース、具材「なし」で生地こねをします。

    STEP2:分割

    生地を70g程度ずつ7個に分けて丸めます。

    生地を休ませるためのベンチタイムを20分取ります。ふきんやパンマットを上からかけて乾燥しないようにして室温に置きます。

    STEP3:成形

    生地を縦長のしずく型に伸ばします。

    下からくるくると巻いていきます。形を整えてオーブンシートを敷いたトレイに並べます。

    STEP4:二次発酵

    オーブンレンジの発酵機能があれば、35度で30分加熱します。もしなければ温かい部屋で30分~40分置いて二次発酵させます。

    STEP5:焼成する

    二次発酵が終わったら、オーブンを180度18分で予熱します。

    その間に茶こしで上から小さじ1/4程度の強力粉(分量外)をかけます。予熱が終わったらパンを入れて焼きます。表面がこんがりきつね色になったら完成です。

    完成!

    ふんわりとした定番のバターロールができました。成形の仕方によって1個ずつ表情が違ってきます。

    ポイントは成形時にとにかく長細く生地を伸ばしてふんわりと巻くこと。ふんわりと巻くことで、ふっくらした丸いバターロールになります。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人