\ フォローしてね /

アボカドを角切りにする方法

アボカドを角切りにする方法について、熟していない場合熟している場合の2通りの切り方をご紹介します。

用意するもの

  • アボカド
  • 包丁
  • まな板

アボカドを角切りにする方法(熟していない場合)

STEP1:縦半分に切る

アボカドを縦半分に切ります。
包丁を入れると種にあたるので、種にあたったらアボカドを手に持ち、種に沿ってそのまま包丁を1周させます。

STEP2:ねじる

包丁で1周切込みを入れたら、アボカドを持ち、ねじるとパカッと2つに分かれます。

STEP3:種をとる

種の付いている方のアボカドを片手で持ち、包丁の角を種に差し込み、種を左右に動かしながら上に引き抜きます。

STEP4:さらに縦半分に切る

さらに縦半分に切り、1/4のサイズにします。

STEP5:皮をむく

皮と身の間に包丁を入れて切ります。

STEP5:角切りにする

お好みの幅で縦と横に包丁を入れて、角切りにします。

アボカドを角切りにする方法(熟している場合)

STEP1~STEP4は 同上です。

STEP5:皮をはがさず、切込みを入れる

まだ皮ははがさずに、お好みの幅で縦と横に切込みを入れます。
皮のぎりぎりのところまで、切っておきます。

STEP6:皮をはがす

アボカドを逆さにすると、角切りになった身が皮からはがれ落ちます。

完成!

角切りは、チャーハンやパスタの具として大活躍します。
(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。