\ フォローしてね /

自動車保険会社の選び方

自動車保険(任意自動車保険)を扱う保険会社は多々あり、どれが自分に適した自動車保険か、選ぶのは難しいですよね。

ここでは、保険会社を選ぶときのポイントをご紹介します。

本記事は、ソニー損保(自動車保険)のご協力により、2012年に執筆されたものです。

保険会社のタイプで選ぶ

「代理店型自動車保険」と「ダイレクト自動車保険」

自動車保険には、自動車販売店などの代理店で申込む「代理店型自動車保険」と、ソニー損保をはじめウェブサイトなどを通じて自分で申込む「ダイレクト自動車保険」とがあります。

ダイレクト自動車保険

代理店型自動車保険に比べ、ダイレクト自動車保険ではお客様と直接契約することになるので、営業所や代理店等を多く持つ保険会社と比べ、営業にかかるコストや中間マージンなどのコストを抑えることができます。

ここで抑えたコストは保険料金に反映されるため、同じ条件でも、代理店型自動車保険よりもダイレクト自動車保険のほうが安くなるケースも多くなります。

また、ダイレクト自動車保険のメリットとして、保険料の安さだけではなく、手軽に手続きができるという利便性も挙げられます。特にインターネットなら、24時間365日契約手続きが可能です。

一方で、自身で補償内容を選ぶ必要があるので、ウェブサイトに掲載されている情報を確認したり、疑問点を電話やインターネットで問合せたりするなど、しっかりと補償内容を理解する必要があります。

代理店型自動車保険

代理店型自動車保険の場合、店舗の営業時間内に手続きをする必要があったり、保険料が高くなったりする可能性はありますが、対面で相談できることによる安心感が得られるかもしれません。

もちろん、ダイレクト自動車保険でも最適な補償プラン作成を手伝ってくれるコールセンターなどを設置して、お客様のご相談に応えています。ダイレクト自動車保険、代理店型自動車保険それぞれのメリットを理解したうえで、ご自身に合っている方を選びましょう。

事故対応品質で選ぶ

事故対応の迅速さや担当者の対応をチェック

事故対応品質とは、事故発生時のお客様と担当者とのやり取りのスムーズさや、事故解決に向けての迅速な対応などを含めた総合的な事故対応サービスのレベルのことです。

一般に、自動車保険に対する不満として、事故時の担当者の対応に関するものがよく聞かれます。

まずは、担当者による質のばらつきをなくすための仕組みがきちんと取り入れられているかどうかを見てみるとよいでしょう。

事故対応品質のチェックポイント

各保険会社は、ウェブサイトなどで事故時の対応について説明しています。事故対応に必要な時間や、どのような体制でどんな内容のサポートを提供しているかについて具体的に説明している会社を選ぶと安心です。

保険会社によっては、どのような担当者が対応しているか、事故対応を経験したお客様の満足度はどうなっているかなどの、事故解決におけるサービス品質を公表している場合もあります。

各保険会社のウェブサイトをチェックするだけではなく、周りで実際に事故対応サービスを受けたことのある人の経験談を聞いてみたりするのも良いかもしれません。

おわりに

それぞれの保険会社の特長をしっかりチェックして、自分に合った保険会社を選んでくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。