\ フォローしてね /

“かに面”ってなんだ?手間ひまかけた石川県の高級おでん

冬の海の味覚といえばカニ。石川県にはそのカニを丸ごと生かして「かに面」と呼ばれるおでんのネタを出しているお店があります。

本記事ではちょっと高級なおでんネタ「かに面」についてご紹介します。

「かに面」はカニ漁解禁後に味わえる冬期限定メニューです!

かに面とは

香箱ガニ(小さいカニ)の殻に、カニから取り出した身や内子やミソを詰めて蒸し、おでんのだしで軽く煮たものです。

カニという素材を使っている上「かにの身を取り出す→殻に詰める→蒸す→煮る」という手間のかかる工程を経て出来上がるため、お値段は1,000円~1,400円程とお高め。

けれども寒い冬には、温かいカニの身を殻からほぐしつつ食べるのがしみじみ美味しいんです。

かに面ファン、増殖中?

筆者は夫に教えてもらってこのおでんのネタを知りました。かにの身と内子やミソが一体になっていて、おでんのダシの味ともよく合う「かに面」。食べた日はカニの新しい美味しさを発見できたと感激でした。

また冬にしか食べられないので、冬が来るたびに一度は食べておきたくなります。

最近テレビや新聞でも取り上げられているので、かに面ファンはこれからどんどん増えていくかもしれませんね。

かに面が食べられるお店

筆者が知っているかに面を出しているお店は以下の通りです。

おわりに

かに面は冬だけのお楽しみ。そのプレミア感がよりいっそう美味しさを引き立たせてくれるような気がします。

(イラスト by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。