1. 暮らし
    2. スノコとボンドだけで誰でも簡単に作れちゃう!収納棚の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    スノコとボンドだけで誰でも簡単に作れちゃう!収納棚の作り方

    ちょっとした隙間収納などにも便利!スノコの大きさや幅の組み合わせも自由自在なので、お好みに合わせた家具が作れます。

    ホームセンターや100円ショップに売っているスノコで、誰でも簡単に作れるスノコの棚の作り方をご紹介いたします。

    用意するもの

    • スノコA(幅750mm×奥行330mm×高さ25mm):2枚
    • スノコB(幅400mm×奥行250mm×高さ15mm):2枚
    • 木工用ボンド
    • 大きめの洗濯バサミ

    作り方

    STEP1:スノコのゲタにボンドをつける

    スノコBのゲタ部分の両端に、それぞれ木工用ボンドをつけます。使用するボンドの量は、ゲタの大きさにもよりますが、直径5mm前後ほどで良いでしょう。

    STEP2:スノコABを接着する

    スノコAを立てて、スノコAとスノコBのゲタを接着させます。

    乾くまで、大きめの洗濯バサミなどで固定しておきましょう。

    STEP3:接着を確認

    接着面が乾いたら洗濯バサミを外して、きちんと接着されているか確認します。

    STEP4:完成!

    ボンドが完全に乾いたら完成です!

    作業場所について

    作業をする場所は、出来るだけ広いスペースが良いですが、スノコの大きさより少し広い場所があれば十分です。

    ハンドメイドで作るメリットとデメリット

    メリット

    やはり自分好みの大きさの物が作れる、お部屋のスペースに合わせて家具を作る事が出来ますし、スノコは手頃な価格で購入出来ますので、物によっては家具を購入するよりも経済的に出来る事です。

    デメリット

    筆者の場合は、出来る限りスノコに手を加えないで簡単に作りたかったので、小さめの丁度良い大きさのスノコを探すのが少し大変でした。これはお店によって、取り扱っているスノコの種類も異なるからです。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか。釘やネジ、ドライバーも使わないので、怪我をする心配もほとんどありません。

    自分好みの大きさの棚を作りたいけど、面倒な作業はちょっとという方にもおススメですよ。簡単ですので、ぜひ自分好みの家具を作って楽しんでみて下さいね。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人