1. 料理
    2. ほんのり茶色い「ライ麦粉・黒糖入りのバターロール」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ほんのり茶色い「ライ麦粉・黒糖入りのバターロール」の作り方

    ライ麦粉を入れたバターロールを作りました。強力粉100%で作るよりも、風味が豊かになります。

    サンドイッチにしたりアレンジも楽しめるバターロールの作り方です。

    材料(7個分・2~3人分)

    • 強力粉(モナミを使用) 200g
    • ライ麦粉 50g
    • 水 170g
    • 塩(ゲランドの塩を使用) 4g
    • 黒糖 13g
    • スキムミルク 5g
    • 無塩バター 35g
    • インスタントドライイースト 小さじ1

    「ライ麦粉・黒糖入りのバターロール」の作り方

    STEP1:ホームベーカリーで生地をこねる

    全部の生地をホームベーカリーに入れ、パン生地コース、具材「なし」で生地こねをします。

    黒糖は溶けにくいので、あらかじめ水でとかしておくと溶けやすくなります。今回は20gの水でとかしておき、150gの水を生地こねで加えて170gの水を入れるようにしました。

    STEP2:分割、ベンチタイム

    生地ができたら7等分します。

    濡れたふきんやキッチンペーパーをかぶせて乾燥しないようにして、室温で20分そのまま置きます。

    STEP3:成形

    生地を長く伸ばして成形します。

    太い方からくるくると巻いていきます。形を整えてオーブンシートの上に並べます。

    STEP4:二次発酵

    オーブンレンジの発酵機能があれば、35度で30分加熱します。もしなければ温かい部屋で30分~40分置いて二次発酵させます。

    STEP5:焼成する

    二次発酵後、オーブンを180度18分で予熱します。

    茶こしでパンの上から小さじ1/4程度のライ麦粉(分量外)をかけておきます。予熱後、トレイごと入れてパンを焼成します。好みの色になったら完成で、ほんのりきつね色になった程度がちょうどいいです。

    完成!

    焼けるとふんわりしたパンになります。上のライ麦粉は卵液でもいいですが、かけておくだけでパン屋さんのパンっぽくなります。

    ライ麦、黒糖が入っていますがベーシックなバターロールなので写真のようにサンドイッチにしてもおいしく食べられます。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人