\ フォローしてね /

再利用もOK !ワッペンの縫い方

このライフレシピのもくじたたむ

新しいワッペンを買ってつけるのもいいですが、お気に入りだったのに小さくなって着られなくなった子ども服などから、ワッペンをはずして違う服や小物につけて再利用することもできます。

用意するもの

  • ワッペン
  • ワッペンを付けるもの(ここではバッグ)
  • 糸、針、はさみ
ワッペンは古着などからはずす場合、ミシンで縫ってある糸を慎重に切りながらはずしていきます。布に直に刺繍してある場合など、はずせないものもあります。

縫い方

STEP1: しつけ

ワッペンを付けたい位置が決まったら、本縫いする場所(STEP2で説明)に重ならない場所に数か所しつけします。

STEP2: 本縫い

  • 端の近くで目立たないところを縫ってとめます。

  • 縫う場所と同じ色の糸を選び、2本どりにします。

  • 半返し縫いがおすすめですが、なみ縫いでもいいので、細かく縫っていきます。

例1:このワッペンの場合は、周りの青い刺繍部分と白の境目を白い糸で縫います。

例2:このワッペンの場合は、ピンクの刺繍部分と白の境目を白い糸で縫います。Tシャツなどに縫いつけてあったときのミシンの跡が残っていれば、そこを縫うといいと思います。

STEP3:1周縫い終わったら、しつけをほどきます

できあがりました。

おわりに

広げて縫える位置に付けたいときは、しつけをした後はミシンで縫ってもOKです。洋服が擦り切れたり伸びてしまっても、ワッペンはあまり痛んでいない時はぜひ再利用してみてください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。