\ フォローしてね /

基本が大事!高校英文法における「5文型」の意味の捉え方

このライフレシピのもくじたたむ

英語を勉強するとき、基本になるのが文法です。文法はたくさんの法則性がありますが、基本の文型を理解することで、どこにどんな単語を置けば正しい文になるのかがわかるようになります。

単語の並び替えや穴埋めは定期試験や入試にもよく出てくるので、5つの文型についてはしっかり覚えましょう。

記号の意味

最初に、教科書や参考書でよく使われる文字の意味について学びましょう。英語の文を作る要素として、S、V、O、Cの4つと、補助的な要素としてMの文字が使われます。

Vの意味

Vは、述語動詞(本動詞)を表します。述語動詞は文の中に一つしかないので、文を理解するためにはまずVを探すようにしましょう。Vの品詞は、もちろん動詞だけです。

Sの意味

Sは、主語を表します。主語も文の中に一つで、たいていは一番最初に出てくる名詞が主語になります。主語になるのは名詞(の役割を果たす語句)だけです。

Oの意味

Oは、目的語を表します。目的語は、動詞の動作の対象になる語です。Oは名詞(の役割を果たす語句)です。

Cの意味

Cは、補語を表します。補語は、主語や目的語の状態を表す語です。Cは名詞や形容詞(の役割を果たす語句)です。

Mの意味

Mは、修飾語を表します。文の細かい状況などを表します。Mはどのような文型にも使うことができます。Mは、前置詞句など、副詞の役割を果たす語句がなります。

Vは述語動詞(本動詞)、Sは主語、Oは目的語、Cは補語、Mは修飾語になります。

5つの文型について

1:第一文型S+V

第一文型は、SとV(とM)だけでなる文のことです。目的語をとらない自動詞だけがVとなることができます。

例文)His dog is swimming.(彼の犬は泳いでいます)

上の例文では、His dogがS、is swimmingがVになります。これにどれだけ修飾語をつけても、第一文型であることは変わりありません。

例文)Yesterday, his dog swam a lot in the pool for dogs.(昨日、彼の犬は犬用プールでたくさん泳ぎました)

追加された部分はすべて修飾語です。

2:第二文型S+V+C

第二文型は、補語が入ってくる形です。目的語がないので、やはりVになるのは第一文型同様に自動詞だけです。

第二文型では、SとCは同じ物を表します。

例文)My sister is a teacher.(私の姉は教師です)

上の例文では、My sisterがS、isがV、a teacherがCです。姉は教師なので、SとCは同じ物ですね。Cは形容詞の可能性もあります。

例文)My son become taller than last summer.(去年の夏に比べて息子の背は高くなった)

この文のSはMy son、Vはbecome、Cがtallerで、tallerは形容詞です。

3:第三文型S+V+O

第三文型は、目的語をとる形です。Vは他動詞になります。第三文型では、目的語は動作の対象になります。一般的には「(何、誰)に、を」という訳になることが多いです。

例文)Prof. Yamanaka got the Nobel Prize.(山中教授がノーベル賞を獲得しました)

上の例文では、Prof. YamanakaがS、gotがV、the Nobel PrizeがOになります。

4:第四文型S+V+O+O

第四文型は、目的語が二つある形になります。一般的には、「誰に、何を」という訳になることが多いです。

例文)Santa Claus give children presents.(サンタクロースは子供たちにプレゼントをくれます)

Santa ClausがS、giveがV、childrenが一つ目のO、presentsが二つ目のOになります。

第四文型では二つの目的語は必ず人→物の順番で並びます。

また、第四文型は前置詞を使うことで第三文型に書き換えることができます

上の例文を書き換えると、

Santa Claus give presents to children.

意味は同じです。to childrenが前置詞句になったので、目的語が一つになって、第三文型になりました。

第四文型から第三文型への書き換えは、前置詞toまたはforを使います。どちらを使うかは動詞によって異なります。

5:第五文型S+V+O+C

第五文型は、目的語と補語を両方使う文型です。このときの補語は、第二文型のように主語と一致するのではなく、目的語と一致します。

例文)Sweets makes us happy.(甘いお菓子は私たちを幸せにしてくれます)

SweetsがS、makesがV、usがO、happyがCです。幸せなのはスイーツではなく、私たちですね。

おわりに

ちょっと分量が多かったですが、ここを理解できれば英語が格段にわかるようになります。

是非とも文型を理解して、英語を攻略しましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。