\ フォローしてね /

中学「社会・歴史」の「奈良時代」の覚えるべきポイント

奈良時代は、飛鳥時代と平安時代にはさまれ、少し忘れ去られがちな時代です。でも、中学校の勉強では、覚えるべきことが沢山あります。奈良時代で覚えるべきポイントについて、書いていきます。

年代

奈良時代は、奈良に都をうつした710年から、平安時代が始まる794年までを指し示します。とても短い期間だとも言えます。

平城京

奈良時代の都は奈良にあり、平城京と呼ばれます。都の中心には平城宮がおかれ、天皇の住居や役所が建てられました。

経済

市場では産物が売買され、和同開珎という貨幣も発行されました。都と地方を結ぶ道路も整えられ、も設けられました。

政治の仕組み

エクセルで入力した息子のノートから、抜粋します。

役所の名前・役職などは覚えておくべきポイントだと思います。

身分のしくみ

戸籍がつくられ、良民賤民にわけられました。その良民の中のほんのわずかな人々が、貴族となりました。

税・労役の仕組み

  • とは、田でとれた米を国におさめることです。
  • 調とは、特産品を都におさめることです。例として、絹・糸・麻などがあげられます。
  • とは、都での十日間の労働か(これを別名、歳役という)、麻布をおさめることです。
  • 運脚とは、税となっているものを都へ運ぶ税金のことです。
  • 雑徭とは、年間60日以上の労役のことです。
  • 防人とは、九州の防衛を3年間行うことです。
  • 衛士とは、都の護衛を1年間行うことです。
  • 軍団とは、兵士の訓練を年間36日行うことです。

農地の変化

新しい田を自分たちでつくってよいと認める墾田永年私財法がつくられます。しかし、これにより、公地公民がくずれ、天皇の力は落ちてゆきます。

天平文化

奈良時代の文化のことである。仏教の影響を強く受けています。この頃、東大寺がつくられました。国の中心につくられました。

代表的な書物に古事記日本書紀万葉集があります。

奈良時代の終わり

恒武天皇によって、都が京都にうつされ、奈良時代はおわります。

おわりに

年代ではなく語句が中学校の試験には出ます。税・政治の仕組みはとても重要だと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。