1. 料理
    2. 時短に!節約に!おにぎりの冷凍保存とその活用方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    時短に!節約に!おにぎりの冷凍保存とその活用方法

    おにぎりを作り過ぎたときや余らせてしまったとき、冷凍保存ができます。またご飯を多く炊いたけど、残っちゃった…というときも多くの人は冷凍保存をすると思いますがおにぎりにして保存しておくと便利です。

    今回はおにぎりの冷凍保存方法と、その活用レシピを紹介します。節約に!いざという時の時短に!とても便利ですよ。

    コンビニなどで買った市販のおにぎりでも、活用できます。

    カレーやお好み焼きなど、余らせがちな料理の残り物をおいしく保存する方法はこちら!
    料理の残り物を保存する方法まとめ

    材料

    • 残り物のおにぎりや、残りご飯で作ったおにぎり
    • ラップ
    • フリーザーバッグ(3~4週間ほど保存するとき)

    冷凍おにぎりの保存方法

    ラップで包む

    おにぎりをラップでしっかりと空気を抜くように包みます。1~2週間で使う場合はこれだけでOKです。

    おにぎりにラベル

    具材が分からないおにぎりには、ラベルをつけておくと分かりやすいです。画像はマスキングテープをラベルとして貼っています。

    長く保存する場合は、フリーザーバッグに

    長く保存する場合や、乾燥が気になる場合はさらにフリーザーバッグに入れて冷凍します。

    冷凍をしてるとはいえ、保存後は1ヶ月を目安に消費してください。

    冷凍おにぎりの活用方法1:焼きおにぎり

    電子レンジの解凍モードで解凍したおにぎりの表面に、しょうゆをまんべんなく塗ります。(海苔がついているおにぎりは剥がしてください)あとはトスターかグリルで5~8分ほど焼きます。

    完成!

    冷凍おにぎりの活用方法2:おにぎり茶漬け

    電子レンジの解凍モードで解凍したおにぎりを、耐熱のお皿に盛り、和風だしの素小さじ1/4、しょう油小さじ1を溶いた熱湯150mlをかけます。お好みでワサビやネギをトッピングしても。

    完成!

    おにぎり茶漬けは、おにぎりをほぐして食べてください。海苔がついている場合は、海苔も一緒にほぐします。

    もちろん冷凍おにぎりは、解凍してそのまま食べても、お弁当に入れてもOKです。意外と重宝しますよ。お試しあれ。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人