\ フォローしてね /

失敗のきっかけはどこにある?株式投資で損をする人の共通点

筆者は以前、投資顧問会社と投資ファンド会社で勤務をしていました。昨今の景気・経済状況では株式運用を利用されてる方の8割近くが損失を出しているのが現状です。

そんな中、筆者が関わったお客様で株式運用で損失を出している方にはある程度の共通点があります。自分自身の損失エピソードではありませんが、株式投資における失敗の初歩をアドバイス的にレポートできたらと思います。

株式投資で損をする人の「あるある」2つ

気軽に始めて失敗

株式投資・運用ではどのような失敗が多いのか?一番多い失敗は“気軽に始める事”による失敗です。これは株券が電子化された事やインターネットの普及…それに伴い多くのネット証券会社が出てきた事によります。

現在、株式を筆頭に為替(FX)・投資信託など、多種多様の商品があります。が、どれも“気軽に始める”という物ではありません。一定の知識を勉強する必要があります。興味本位で始め、やりながら覚え、勉強していく方は必ず失敗します。

損切りができずに失敗

次に多い失敗は“損切り”が出来ない失敗です。ハッキリと言いますが、株はギャンブルです。株価が上がるのか?下がるのか?という丁半博打です。

“株は持ってれば上がる”は日本がバブルに沸いていた頃の話。購入した会社の株価が下落した時、その事をしっかりと受け止め、損失を受け入れる事が絶対に必要になります。“損切り”は損失という名の傷を最小限に留めるため手段であり、もの凄く大事で重要な“対処法”の一つになります。(勿論、損失を抑える対処は他にもあります。)

損切りとは、予想に反して値下がりが続く際に早めに株を売ることです。

実際、筆者の関わったお客様は損切りを出来ずにズルズルと株を保有しました。「その内、上がるだろう…」との根拠の無い期待を抱いて。結果、その保有銘柄は紙屑になりました。上場廃止した当時のJAL株です。上場廃止のJAL株は極端な例ですが、保有株の株価が下落し、含み損が大きくなり、売るに売れず塩漬け株になる方、非常に多いです。実際、下落した値が反発、反騰する事もあります。ですが、8割〜9割の確率でそれは淡い期待で終わります。

株式投資・運用をするに当たり必要な決め事は購入時の元金に対して「○○%」とというボーダーラインを設定する事。これは損切りをする時だけではなく、利ざやを得る時もそうです。ボーダーラインに達したら売るという“癖”を付けて下さい。

おまけ:運用で損失が…最大の運用損失カバー方法とは?

「株の損は株で取り返す!」という方、割と多いです。株式投資は一般的なギャンブル(パチンコや競馬など)と違い、実際に自分の財布から自分でお金を出す事はありません。リアルに目の前から現金が無くならない為、資産が目減りしてる感覚が希薄になりがちだと言われています。

損をするのは誰もが嫌です。そして、損をしたら取り返したいという心理が働くのも人間としては至極、普通の事です。「損失は理解している」が、故に取り返したい心理が芽生える。でも、リアルに現金のやり取りを行わない事による希薄さもある…。

これが“負の相乗効果”となり気付いた時には後の祭り。結果、「資産が半分以下になった」という方は多いです。プロとして、投資・運用で生計を立てている方なら別ですが、副業や小遣い稼ぎ程度で投資・運用を利用されてる方なら“止める”が一番のカバーになります。

筆者は金融業に転職をする以前、パチンコ店の店長をしていました。元々の資金が無く、一発逆転を狙ってる方や負けが込んでる人に限ってギャンブルに熱くなります。結果として痛い目を見ます。そして、転職後に感じた事、投資・運用も全く同じであるという事。

投資・運用、ギャンブル・勝負事などお金に関わる事の全般に当て嵌まる事だと思いますが、

  • 損失を最小限に留め、止めるべき時に止める

が一番の必勝法であると思います。そして、

  • 「投資・運用に回せる運転資金を改めて貯蓄などで作る」

これこそが最高で最大の運用損失カバーです。最初にも書きましたが、「株の損は株で…!」と熱くなったり、投資信託やFXなどのその他の商品に乗り換えるのは論外。筆者の関わったお客様でその様な形で損失を取り返した人はほぼ皆無です。

あとがき

冒頭で書いた通り、自身の損失エピソードではなく、筆者が関わったお客様を踏まえた上でのアドバイス的レポートになりました。初歩的な事柄なので、当たり前の事を書いただけになってしまいましたが、今、リアルに投資・運用を考えてる方や始めようと思ってる方に少しでも「参考になった。」と思ってもらえれば嬉しいです。

筆者よりも投資・運用の知識・経験が多い方は星の数よりも多く、その中で、しっかりとした成果を挙げられている方もいると思います。もし、気分を害する様な内容があったとしたら、ここにお詫びしておきます。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。