\ フォローしてね /

1対1の真剣勝負!トランプゲーム「スピード」の遊び方

このゲームは、台札のカードに続く数字のカードを次々に出して行き、相手よりも早く自分の手札をなくすというゲームです。二人の対戦型ゲームで、その名のとおりスピードが求められるゲームです。

用意するもの

  • プレイ人数 2人
  • 使用カード ジョーカーをのぞく52枚

基本ルール

出せるカード

台札の数字と続く数字のカードです。最初の写真のように、台札が9と2なら、9に対しては8か10を出せます。2に対してはAか3を出せます。

マークは関係なく、またAとKは続いているとみなされ、台札にAが出ていれば、2かKを出すことができます。

勝利条件

自分の手札を早くなくした人の勝ちです。

ゲームの進め方

STEP1

上の写真のように、カードを赤いマーク(ハートとダイヤ)と黒いマーク(スペードとクラブ)に分けて、二人がそれぞれをよく切って相手に渡します。これがお互いの手札です。

STEP2

自分の手札を裏向きに重ねて持ち、4枚だけ自分の前に表にして置きます。これが場札となります。

STEP3

「スピード」(または「いっせーのせっ!」)という掛け声で、手札の一番上のカードを場の中央に置きます。これが台札です。

STEP4

中央の台札に出されたカード自分の4枚の場札を見て、続いている数字があったらすばやく上に重ねます。写真は、2が出ているので、4枚の場札からAを出しているところです。

相手のほうが先に出してしまったら、カードは出せません。

STEP5

場札は常に4枚になるようにし、1枚でも欠けたら持っている手札から補充します。

STEP6

二人とも出せるカードがなかったら、もう一度「スピード」と言って手札から新しいカードを出します。このように続けて、早く手札をなくした人が勝ちです。

STEP7

写真のように、場札に出せるカードがなく、相手が1枚、自分が2枚残ってしまったら最後の「スピード」の掛け声でお互いが1枚ずつ出し合うので自分の負けとなってしまいます。

おわりに

最初は早く出すことができないかもしれませんが、慣れてくるとその面白さがわかりますよ。反射神経だけでなく、意外と体力も使うゲームです。是非やってみてください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。