1. 趣味
    2. トランプで簡略麻雀ゲーム「セブンブリッジ」のやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    トランプで簡略麻雀ゲーム「セブンブリッジ」のやり方

    一見難しそうに見えますが、麻雀をする方なら入りやすいゲームです。麻雀と同じく、基本カード3枚で1つの役となります。

    セブンブリッジ概要

    • プレイ人数:2~6人ですが、4人か5人がバランス良くできます。

    • 使用するカード:全数カード52枚+ジョーカー任意の枚数

    ジョーカーを使用する場合、ジョーカーはオールマイティカードとして、どの数としても使えます(ただし、7のように単独で使うことはできません)。

    役の説明

    基本的に2つしか役はありません。

    • 同位札3枚:9・9・9のように、同じ数が3枚そろった状態です。
    • シークエンス:クラブ2・クラブ3・クラブ4のように、同マークの続き数が3枚そろった状態です。
    例外として、「7」だけは1枚でも7・8のように2枚の続き札でも役となります。

    STEP1:カードを配る

    カードをよく切り、各々の手札が7枚になるようにカードを配ります。余った札は山札として、中央に置いておきます。

    STEP2:親から順に山札からカードを取る

    親から時計回りに、山札から各々1枚ずつカードを取り、いらない札を捨てていきます。捨て札は、各プレイヤーの前に表側にして置きます。

    STEP3:メルドについて

    役がそろったら、その時点でメルド(公開)することができます。通常は3枚で行いますが、「7」だけは1枚でも、2枚でもすることができます。

    役が出来たからといって、メルドはしなくても構いません。通常しておいたほうが有利ですが、戦略的に抑えることもできます。

    STEP4:ポン・チーについて

    麻雀と同じく、他の人の捨て札で組み合わせると役になる場合、ポンやチーをすることができます。また、ポンやチーをした場合は必ずメルドしなくてはなりません。他の人の捨て札をもらってメルドし、その後山札から1枚取ることになります。

    ポン・チーがかぶった場合、ポンのほうが強くなります。

    ポン

    役が同位札3枚のとき、どの人が捨てたカードでもすることができます。上記の場合はKでのポンです。

    チー

    役がシークエンスのとき、自分の手前の人(順番が1つ前の人)の捨て札のみ、チーすることができます。上記の場合、クラブの2・3・4でのチーです。

    STEP5:つけ札について

    麻雀にはない要素です。自分がメルドをしている状態で自分の番が回ってきて、山札から1枚取ったときに他の人のメルドにつけ札をすることができます。

    他の人のメルドが同位札であった場合、それと同じ数のカード。シークエンスであった場合には、同マークの続き数、といった具合で付け足します。

    つけ札をすると手札が1枚減ることになります。これによって即上がりが出来なくなるデメリットがありますが、他の人が上がりそうだと思ったら付け札をして、少しでも手札を減らした方がゲーム終了後の失点が少なくなります。

    STEP7:上がり方

    上記の手順を繰り返していき、最初に手札が無くなった人の勝ちです。上がる場合は、必ず最後に1枚不要札を捨てて上がらなくてはなりません。

    例えば、残り手札が同数2枚で、たとえ同じ数が引けたとしても、捨てる札がないのでこの場合上がれません。つけ札のデメリットはここにあります。

    また、麻雀とは違い、上がれるのは1人だけです。

    上級者向け:特殊役

    ストップ

    役が手札に1枚もなくても、7枚のうち6枚を他の人のメルドに付け札でき、残り1枚を捨てるあがり方。「ストップ」はいつでも宣言できます。

    クローズ

    メルドをしていない状態で、いっぺんに手札から役札をメルドしたり、つけ札にすることで残り1枚を捨てて上がる方法もあります。

    点数の数え方

    セブンブリッジでは、点数が少ないほうが優秀、点数が多いほうが負けている(失点)という観念になります。

    基本、上がった人は0点。ストップで上がったなら-50点。クローズで上がったなら他の人の点数が2倍となります。

    他の人は残りの手札の数と種類で失点が決まります。

    • 絵札:1枚につき10点
    • 数札:数字どおりの点数
    • 7:手持ちの点を2倍にする
    • ジョーカー:手持ちの点を5倍にする

    各々の点数をつけておき、決められた回数だけ勝負して、最終的に点数の1番少ない人が勝ち、1番多い人が負けとなります。

    最後に

    なんだか書き出してみると難しそうですが、麻雀をやっている方ならすんなり入れると思います。ローカルルールも多く、特に点数の数え方には諸説ありますが、筆者がやっていた中で一番多かったルールでご説明しました。

    最終的に負けないコツは、「上がれそうにない時はとにかく高い札を捨てる」ことです。5人、6人などでやっているとなかなか上がれるものではありません。全くメルドせずにクローズで上がる、等は成功すれば大きいですがデメリットも大きくなります。

    (photo by 足成)
    (イメージ画像 by 筆者)

    このライフレシピを書いた人