1. 趣味
    2. トランプゲーム「ナポレオン」高度な知的戦略ゲームの遊び方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    トランプゲーム「ナポレオン」高度な知的戦略ゲームの遊び方

    ナポレオンのルールには様々あるようですが、著者のやっていた中で一番単純なルールでご説明します。基本は、ナポレオン軍と連合軍に分かれて争います。

    ナポレオン概要

    • プレイ人数 4~6人
    • 使用するトランプ ジョーカーを除く52枚
    ここでは5人のプレイヤーがいる設定で紹介します。

    ナポレオン基本概念

    • 通常絵札はK,Q,Jですが、ナポレオンではA,K,Q,J,10が絵札という観念になります

    • カードの強さは、数字の場合A>K>Q>J>10…となります。マークでは、ナポレオンが切り札としたマークが最も強く、次に強いのがリードが出したマークです。(例外は以下で紹介します。)

    手順1 配札

    カードをよく切り、全員に同じ数だけ配ります。この場合5人なので、一人10枚づつの手札となり、2枚は余ることになります。余った札は中央に裏向きにして置いておき、配り終わったら各々の手札を見てOKです。

    手順2 ナポレオンを決める

    一人づつ「ハートで12」等の宣言をします。これは、「自分がナポレオンになったらハートを切り札にして12枚の絵札を獲得する」の意味です。一人づつ宣言をし、獲得宣言枚数の一番多い人がナポレオンになります。

    獲得枚数宣言の上位が複数人いた場合、スペード>ハート>ダイヤ>クラブで順位を決めます。つまり、一番強い宣言は5人の場合「スペードで20枚」となります。

    上記の場合、12が二人いますが、ハート>クラブなので「ハートで12」のナポレオン宣言が通り、プレイヤー3がナポレオンとなります。

    これで、ゲーム終了後に12枚以上のカードをナポレオン軍が獲得すれば、ナポレオン軍の勝ち。12枚に満たなかったら、連合軍の勝ちとなります。

    ナポレオン宣言は手札を見て、よく考えてから宣言枚数を決めましょう。ナポレオンになる自信がなければ「パス」も可能です。もちろん手札が強くてもパスして構いません。

    手順3 副官を決める

    ナポレオンが副官カードを決めて宣言し、宣言された副官カードを持っている人が副官となります。まれに、余った2枚の札の中に副官カードがある場合がありますが、この場合副官は存在しないことになります。

    通常ナポレオンは自分の手札以外で一番強いカードを副官カードに指定しますが、戦略的に弱いカードを指定してもOK。手札が圧倒的に強く勝利を独占したい場合、自分の手札を指定して、あえて副官なし、等もできます。

    副官カードを持っている人は副官としてナポレオン軍に入りますが、自分が副官であることを宣言はしません。つまり、連合軍にも、ナポレオン自身にも、副官が誰であるかはわかりません。

    ナポレオンと副官が「ナポレオン軍」。その他の人は「連合軍」となります。

    手順4 カード交換

    ナポレオンは余った2枚のカードを取り、自分の手札から2枚任意のカードを捨てる事が出来ます。捨てるカードは表向きにして中央に置きます。

    捨てるカードは取った札でも、手持ちの札でも、絵札でもなんでも構いません。捨てられたカードの中に絵札があった場合、最後に連合軍の得点となります。

    手順5 トリック

    ここからいよいよトリックと呼ばれる絵札争奪戦になります。まずはナポレオンがリードとなり(札を最初に捨てる人)任意のカードを一枚台札として表向きに出します。

    リードが出したカードのマークと同じマークのカードを持っている場合、その同マークのカードを出さなければなりません。同じマークのカードがない場合は手札のどれでも出せます。

    カードの強さ

    • 1・スペードのA
    • 2・切り札のJ(この場合ナポレオンの宣言したハートのJ)
    • 3・切り札と同じ色のもう一つのJ(この場合ダイヤのJ)
    • 4・切り札(A>K>Q>10…2の順)
    • 5・リードと同じマークの札(A>K>Q>J>10…2の順)
    • 6・その他のカード

    つまり、上記の画像の場合ダイヤのJが台札として上がっているので、スペードのAかハートのJでしか勝てないことになります。

    手順6 トリックの繰り返し

    全員1枚づつカードを出し終わったら、一番強いカードを出した人が勝利となり出されたカードを獲得します。

    上記の場合、一見ダイヤのQが強そうですが、台札に出ているダイヤのJは切り札と同じ色のもう一つのJ(俗に裏ジャック)なので、この場合Jのほうが強く、ナポレオンの勝ちです。貴方は他のプレイヤーから見るとこのトリック勝負に負けているようですが、副官なので自軍に2点入ったことになります。

    この場合注意したいのは、あくまで得点となるのは絵札ということです。いくらトリックで勝っても、獲得したカードが9以下のものばかりでは得点になりません。獲得した絵札はわかりやすいように表向きにして自分の傍に置いておきます。

    その回のトリックに勝った人が次のリードとなり、任意の札を台札として出します。以上のトリックを、この場合10回、手札がなくなるまで続けます。

    手順7 勝敗

    すべてのトリックが終了し、ナポレオンと副官が合わせて宣言以上の絵札を獲得していればナポレオン軍の勝ち。それ以下なら連合軍の勝ちとなります。

    最後に

    ナポレオンのルールはかなり独特で、様々なローカルルールや国によっても大きく違いがあります。これにジョーカーが加わってくるとまた複雑なものになりますが、上記に紹介したのは、著者の知っている中で最も簡単なルールです。

    ローカルルールの紹介はこちら

    NANAPI:60666

    どんなルールでも、キーとなるのは何と言っても副官の存在。誰が副官であるかと推測して、なるべく味方に絵札を取らせようとする戦略がカギになります。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人