\ フォローしてね /

中学「社会・歴史」の「鎌倉時代」の覚えるべきポイント

鎌倉時代は武士の初めての時代であり、大きく時代背景も変わっていきます。鎌倉幕府の仕組みなどが重要だと思います。鎌倉時代についての学び方を紹介します。

年代

1192年に鎌倉幕府が開かれます。

平安時代から鎌倉幕府への推移

平治の乱の後、平氏が日本の政治を動かします。重要な役職もすべて独占します。棟梁は太政大臣平清盛です。

天皇は平家打倒のため、源頼朝に平氏を倒せと命令します。壇ノ浦の戦いで平家は滅亡します。その後、源頼朝は鎌倉幕府を開きます。

鎌倉幕府の仕組

ノートから抜粋します。

将軍は守護に土地をあたえ、任命しました。それを恩とし、御家人たちは戦の時には一族を率いて戦いました。それを奉公と呼びました。

この関係を封建制度といいます。

執権政治

源氏は3代で途絶えたため、北条氏が執権という立場で、幕府の実権を握ります。このため、内乱がおこり、朝廷が挙兵しますが、幕府が勝ちます。

これを承久の乱といいます。

武士の生活

武士たちは普段は農業をしていて、武芸の稽古にも励んでいました。

武家の法律として1232年に御成敗式目がつくられます。主な内容は、御家人の所領や守護・地頭の職務についての、裁き方でした。

農業について

農業は牛馬耕と二毛作でつくられるようになりました。また、農村に市場が出来て、貨幣経済が広がりました。当時、農民は、朝廷と幕府の二重支配を受けていました。

文化について

力強く素朴な武家文化が発展しました。

文学

  • 琵琶法師が語った平家物語
  • 鴨長明の方丈記
  • 吉田兼好の徒然草
  • 藤原定家が選者となった新古今和歌集

建築・彫刻

  • 重源が再建した東大寺大仏殿
  • 運慶と快慶がつくった東大寺南大門と金剛力士像

元寇

元・高句麗軍が二度攻めてきました。これを文永の役弘安の役といいます。侵攻を防ぐことは出来ましたが、これが鎌倉幕府の衰退を招きます。恩賞を求める御家人たちの不満が募ったためです。

鎌倉幕府の滅亡

足利尊氏や朝廷の後醍醐天皇たちの力により、鎌倉幕府は倒されます。鎌倉時代の終わりです。

おわりに

鎌倉時代は武家政権の時代であり、様々な事が大きく変わった時代です。幕府の仕組みと、時代の流れをつかむのがポイントだと思います。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。