\ フォローしてね /

百人一首の遊び方「坊主めくり」

坊主めくりは、百人一首の絵札だけを使って遊ぶ方法です。

歌を覚えたりする必要もなく、ルールも簡単、ほぼ運で勝負が決まるので、小さい子から大人まで気軽にできます。

用意するもの

百人一首の絵札100枚(もし紛失等で100枚なくても大丈夫です)

坊主めくりのルール

STEP1 準備

まず絵札を裏返しにして、順番が分からなくなるようによく混ぜ、裏返しのまま3つ程度の束にしておきます。これが山札です。

真ん中に捨て札置き場を作ります。

STEP2

じゃんけん等で順番を決めてください。1番の人から順に、好きな山札の1番上から1枚札を引きます。

STEP3 札の基本ルール

引いた札に注目です。

  • 坊主(お坊さん)の札・・・自分が持っている札すべてを、捨て札置き場におきます。↓

  • 姫・・・捨て札置き場にある札を、すべてもらえます。坊主置き場に札がない場合は、山札からもう1度1枚引くことができます。↓

  • その他の札・・・そのまま自分の持ち札にします。↓

姫でもう1度山札から引き、再度姫が出た場合はさらにもう1度引きます。
ちなみに蝉丸は坊主です。かぶり物をしている場合もあるのでその他と間違えないように注意しましょう。

STEP4

続けて順番に、山札から札を引いていきます。最後の山札がなくなったときに、1番多く札を持っている人が勝ちです。勝負の行方はは最後まで分かりません。最後の1枚で逆転ということも...

STEP5

慣れたらルールを追加しましょう。

  • 壇(豪華な壇に座ってる札)・・・捨て札置き場のものはもらえないが、もう1度山札から引くことができる。↓

  • 隠れ+壇・・・山札からもう2枚引ける↓

  • 隠れ姫(隠れているお姫様)・・・捨て札置き場から全部もらう+もう1枚引ける。または、2枚引ける。持統天皇も。↓

他にもこんなローカルルールもあるようです。

  • 蝉丸ルール・・・蝉丸がでたら全員すべての札を没収。蝉丸引いた時点で最下位決定。蝉丸を最後まで持ってた人は最下位。など、蝉丸を特別としたルールが多くある様です。(蝉丸は大人気?ですね(笑))
  • 天皇ルール・・・天皇の札を引いたら、全員の持ち札をもらえる。天皇を引いたときのみ捨てられた札をもらえる。(←姫は再度引けるだけ)など。

お好みのルールで遊んでみてくださいね

おわりに

単純なゲームで、本格的な百人一首からは遠いイメージですが、遊んでいるうちに自然とお気に入りの札ができ、歌も覚えたりします。

百人一首のカルタにつなげたいのであれば、引いた札を各自読み上げるなどすると、自然にどういう歌があるのか学べると思います。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。