\ フォローしてね /

地方の仕組みを理解しよう!中学「公民」の勉強のコツ

このライフレシピのもくじたたむ

教科書と併用してみていただけると嬉しいです。地方自治を学んだときに出る大まかな流れで説明します。

学ぶ内容

地方自治の仕組み

上のマップを見てください。これは地方自治の仕組みをざっくり示したものです。そもそも地方自治の意味はは地域の住民自身によって運営されていることです。

青い四角の言葉を説明します。

  • 地方公共団体…地方自治を行う機関
  • 地方議会………都道府県議会・市区町村議会で地方独自の法・条例を定める
  • 首長……………都道府県知事・市区町村長

地方議会、首長はそれぞれ選挙で選ばれます。これを二元代表制といいます。

国会の仕組みと違う点なので注意しましょう。

近年では、国に下請けだった仕事・財源・権限などを地方に移そうとする地方分権が進んでいます。(1999年に地方分権一括法が制定される)

教科書などに載っているくわしい図はテストでも出題されます。よく確認するといいと思います。

住民の声を活かす取り組み

地方を住民が主体となって動かすため、以下のような取り組みが行われています。

  • 直接請求権
請求先や請求に必要な署名数はよく問われます。
  • 住民投票

住民全体の意志を確認するために行われます。近年よく行われています。

  • オンブズパーソン制度

多くの地方公共団体で取り入れられている制度です。

住民の苦情に基づく調査・改善要求をする人をオンブズパーソンといいます。
  • 情報公開制度の整備

これにより住民による監視ができるようになりました。

地方財政の課題

地方の財源は地方税・地方交付税交付金・国庫支出金・地方債が主です。

地方交付税交付金と国庫支出金の違い:地方交付税交付金は地方の格差を減らすためのものです。国庫支出金は国から支給されるものです。こちらは使い道が指定されています。2つの違いを覚えましょう。

地方は財政難に苦しむ地方団体の増加が課題とされていました。それを解消するための対策で行われたのが

  • 事業仕分け
  • 自治体財政健全化法の制定
  • 市町村合併

などです。市町村合併は特に盛んに行われました。

おわりに

地方自治に関することを書き出してみました。仕組みや制度の違いを理解するのに役に立てればうれしいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。