1. 料理
    2. 豆腐の「さいの目」切りのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    豆腐の「さいの目」切りのやり方

    食材をサイコロ形(立方体)に切るきり方です。お味噌汁にピッタリのサイズの1cm角です。

    用意するもの

    • 豆腐
    • 包丁
    • まな板

    さいの目切りとは

    食材をサイコロ形に切るのがさいの目切りと言いましたが、このサイコロの1辺の長さで、切り方の呼び方が変わります。

    5㎜角・・・あられ切り
    1cm角・・・さいの目切り
    1cm以上・・・角切り(○○cmの角切り という言い方をします)

    材料

    • 豆腐
    • 包丁

    豆腐の「さいの目」切りのやり方

    STEP1: 手のひらに豆腐を乗せる

    豆腐は手のひらの上で切りますので、手のひらに乗るサイズ(半丁)にし、手のひらに乗せてください。

    STEP2: 豆腐の高さを1cmに揃える

    包丁を手のひらと平行になるようにし、豆腐の高さが1cm程度になるように2段(もしくは3段)切る。写真は2段。

    そのまま手首の方まで包丁を切り進めます。これで、高さが1cmに揃います。

    STEP3:1cm幅に切る

    今度は包丁を立てて、豆腐の端から1cm幅で切っていきます。

    力は入れずに切れますので、怪我をしないようにゆっくり作業してください。

    手のひらに包丁が当たりますので押し切りで切ってください。スライドすると手のひらを切ってしまうので、気をつけてください。

    STEP4: 1cm角に切る

    STEP3で切った切り口と垂直方向に1cmの幅で切っていきます。

    完成!

    このまま直接、お鍋に入てください!豆腐はどのサイズに切るのも、手のひらで切るのがオススメです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人