\ フォローしてね /

パールビーズブレスレットの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

これからの季節、クリスマスパーティーや結婚式など、ちょっとしたお呼ばれの機会が多くなり、アクセサリーを使う機会が多くなりますよね。

そんな時、ちょっとした手間で自分オリジナルのアクセサリーが作れたらとても便利です。ここではパールビーズブレスレットの作り方をご紹介します。

用意するもの

  • ホワイトパール5mm 24個
  • ブルーパール5mm  20個
  • ブルーパール8mm 1個
  • 丸小ビーズ 約180個
  • テグス(3号) 1m10cm←ビーズを編んでいくためのもの
材料は手芸店や100円ショップで手に入ります。

手作りブレスレットの作り方

パールビーズブレスレット図案

STEP1:始まりのビーズを確認する

まずは作り始めのビーズを確認します。

この図案の場合、『丸小ビーズ』が作り始めとなり、テグス1m10cmの中心になることが分かります。

始まりのビーズからテグスがどのように進むか、矢印←が書かれていますので、それに沿って進みます。

STEP2:テグスがクロスするビーズを確認する

ビーズは基本的にテグスをクロスさせることで編んでいきます。そのため、どのビーズでクロスさせるのかを確認しておくとスムーズに作業が進みます。

この図案の場合、最初にクロスするのは『丸小ビーズ』であることがわかります。

STEP3:テグスにビーズを通す

まず、STEP1で確認したテグスの中心となる『丸小ビーズ』を1個通し、テグスの中心にします。

次に、テグスの両先端を合わせ、そこに『ブルーパールビーズ(8m)』を1個通し、テグスの中心となるよう下ろします。

STEP4:テグスをクロスさせる

ビーズをクロスさせる部分までテグスにビーズを通します。ここでは丸小ビーズ8個をテグスに通します。

STEP2で確認したビーズ『丸小ビーズ』でテグスをクロスさせます。ここでは丸小ビーズ5番目でクロスさせます。

もう一方のテグスも同じように丸小ビーズを使ってクロスさせます。

STEP5:『STEP2~STEP4』を繰り返す

STEP4のクロスする作業が終わったら、再度図案を見て、次にクロスするビーズを確認し、クロスするところまでのビーズを通します。

この『STEP2~STEP4』を繰り返す事でビーズが編みあがっていきます。

STEP6:最後にテグスをしっかり結ぶ

最後まで編み終わったらテグスをしっかり固結びして出来上がりです

おわりに

ビーズの色合いを変えるだけで、アクセサリーの雰囲気はガラっと変わります。

ブレスレットのほかにリングも作れば、セットで使えて素敵です。お洋服に合わせたビーズジュエリーを作って楽しんでいただけたら嬉しいです。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。