\ フォローしてね /

オスロ-ストックホルム-コペンハーゲンを鉄道旅行する方法とコツ

筆者は2012年5月に北欧を旅行しました。その際、ノルウェーのオスロからスウェーデンのストックホルム、それからデンマークのコペンハーゲンへと電車を利用しました。車窓からは、可愛らしい家などの北欧らしい風景を満喫することができました。

インターネットで予約

筆者は事前にインターネットで予約をしたので、スムーズに旅行することができました。予約は、スウェーデン国鉄SJのサイトから。SJのサイトは英語版があり、便利でした。

オスロからストックホルムへは、198SEK(スウェーデンクローネ)+座席指定の追加料金47SEKで計245SEK(2012年12月 約3020円)。ストックホルムからコペンハーゲンへは、指定席のみの販売で、431SEK(2012年12月 約5300円)。

チケットを家で印刷をして準備完了です。

早めにチケットを購入した方が安いです。当日車内は満員でした。指定席を予約しておいて良かったです。

オスロからストックホルムへ

朝7:25発の電車でした。30分前に駅に着き、掲示板でプラットフォームを確認。ストックホルムまでは乗り換えはなく、InterCity(IC)という特急列車で約6時間です。オスロ-ストックホルム間に時差はありません。

車窓からは大きな不思議なオブジェが見えました。お菓子を食べたり、窓から外を見ていたり、座席が広く車内が快適だったので、6時間の旅も楽しめました。

ストックホルムからコペンハーゲンへ

コペンハーゲンへは、高速鉄道で約5時間。ストックホルム - コペンハーゲン間も時差はありません。車窓からは、北欧らしい風景が広がっていました。

乗り換えの必要のない列車だったのですが、当日筆者が乗った便は故障のため、スウェーデンのマルメで乗り換えをしました。乗客が一斉に次の列車のプラットフォームへ向かうので、筆者も迷うことなく乗車。到着は遅れましたが、無事、デンマークへ到着しました!

感想

電車は乗り換えがない上に(筆者の旅行中は乗り換えがありましたが!)、市内から市内にアクセスできるので楽です。また、移り変わってゆく車窓からの景色も、おもしろいですよ。筆者は二等席でしたが、十分広く快適でした。

北欧で楽しんできてくださいね!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。