\ フォローしてね /

JINSが教える!自分にあったサングラスの選び方

ファッション感覚で楽しめるサングラスは、メガネほどフレームの形を気にしなくても大丈夫ですが、ここで紹介する方法を参考に、ご自分に似合うサングラスを選んで、おしゃれなアイウェアライフを楽しみましょう。

本記事は、JINSのご協力により、2012年に執筆されたものです。

動画

説明の内容は動画でご覧いただくこともできます。

似合うサングラスを選ぶポイント

ポイント1:顔からはみ出すぎないように

サングラスのレンズが顔からはみ出過ぎると、バランスが悪くなってしまいます。レンズがあまり大き過ぎないものを選ぶようにしましょう。

ポイント2:レンズの色みを考える

色み次第で印象が大きく変わるので、サングラスはレンズの色みが重要です。以下では代表的な2つの色の特徴を説明します。

  • グレー系

定番のグレー系のレンズは、あらゆる格好に合わせやすいです。また、眩しさを最も抑える色なので、日差しが強い場面などにおすすめです。

  • ブラウン系

ブラウン系のレンズは、日本人の肌に最も馴染みやすい色です。また、グレー系の次に眩しさを抑える色としてもおすすめです。

ポイント3:自分の肌の色にあったものを

自分の肌の色に合わないレンズを選ぶと、かける人の雰囲気を変えてしまうことがあります。例えば、ブルーのレンズは顔が青みがかって見えてしまうため、顔色が悪く見えてしまう人もいます。

自分の肌の色にあった色味のレンズを選ぶようにしましょう。

おわりに

自分を引き立てるサングラスを探して、服装と合わせておしゃれを楽しんでください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。