1. 趣味
    2. トランプ版UNO「アメリカンページワン」の遊び方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    トランプ版UNO「アメリカンページワン」の遊び方

    混同されがちですが、ページワンには大きく分けて2種類あります。ここでは、UNOの元となった、エイトのバリエーションであるページワンについてご説明します。

    「アメリカンページワン」概要

    • プレイ人数 3名以上

    • 使用するトランプ ジョーカー除く52枚

    ページワン概念

    台札と同じマークか、同じ数字のカードを出していき、早く手札を無くした人の勝ち。リバースやスキップの要素が加わり、面白みが増します。

    役札カードについて

    • 「A」 スキップ(次のプレイヤーを飛ばす)

    • 「2」 ツー(次のプレイヤーは、山札からカードを2枚取らねばならない)

    • 「3」 スリー(次のプレイヤーは、山札からカードを3枚取らねばならない)

    • 「8」 エイト(台札が何でも出すことができ、台札のマークを指定できる)

    • 「9」 リバース(順番が逆回りになる)

    「2」に関してですが、次のプレイヤーが更に「2」を出した場合、ペナルティを免れます。以降のプレイヤーも同様に免れることができます。「2」を出せなかったプレイヤーは、2を出された枚数×2枚のペナルティを受けます。「3」の場合も同様です。

    step1 カード配布

    各プレイヤーに5枚づつカードを配り、残りは山札として中央に置きます。山札の上から1枚カードをめくって表向きにし、これを最初の台札とします。

    最初の台札に役札が出た場合は、通常のカードが出るまでめくります。

    step2 ゲーム開始

    ジャンケンなどで最初にカードを出す人を決め、その人から最初は時計回りに、台札と同マークのカードか、同数のカードを出していきます。出せるカードが無い場合には、山札からカードを1枚取ります。取ったカードが出せる場合はすぐ出してOKです。

    役札が出た場合には、その都度役札の効果に従って進行していきます。

    山札が無くなってしまった場合には、捨て札を集めてよく切り、再利用します。

    step3 「ページワン」「ストップ」宣言

    各プレイヤーは、手札が残り1枚となるとき「ページワン」、最後の1枚を出す時は「ストップ」と宣言しなくてはなりません。

    これを忘れると、山札から5枚取るペナルティが課せられます。

    最後のカードに役札カードを使っても上がれます。

    誰かの手札が無くなったらゲーム終了です。

    点数について

    繰り返しゲームをし、点数を競う場合、通常下記のように数えます。

    「役札」…20点

    「10,J,Q,K」…10点

    「4,5,6,7」…数字どおりの点数

    上がった人は、他のプレイヤーすべての、手札の点数合計を貰えます。上がれなかった人たちは、自分の手札の点数合計マイナスされます。

    最後に

    著者はUNOでよくやっていましたが、内容は同じです。スリーの要素がある分、トランプのほうが幾分リスクが高いです。手札が増えてきてしまうと、UNOで慣れてしまっている人はトランプだと非常に見づらく感じ、大事なカードを見落としがちです。常にカードは見やすく並べ替えておきましょう。

    残り手札が少ないプレイヤーが出たら攻撃できる役札は惜しまず使い、逆に自分が上がれそうな時は最後に使うカードは良く考えて。役札でも上がれる事に注目です。

    出せる数字カードが複数ある時は、数字の大きいものから出していくようにする地味な配慮も、後の失点を抑える大事な行為です。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人