1. 料理
    2. カクテルを作るときのスノースタイルのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    カクテルを作るときのスノースタイルのやり方

    nanapi
    このライフレシピのもくじたたむ

    スノースタイルとはグラスの縁に塩やグラニュー糖を付着させるデコレーション技法のことです(和製英語です)。

    カクテルを作るときのスノースタイルのやり方をご紹介します。

    本記事は塩でのスノースタイルを紹介しています。グラニュー糖でも基本的にはやり方は変わりません。

    用意するもの

    • グラス
    • レモン(またはライム)

    スノースタイルのやり方

    STEP1:お皿に塩を広げる

    使うグラスの大きさに合わせ塩を平らに広げます。

    グラスに綺麗に付くようにお皿を揺すったりして均等に広げます

    STEP2:グラスの縁をレモンで湿らす

    半分にカットしたレモンやライムを使うのが一般的です。グラスを斜め下向きにして付けるとバランス良く付きます。

    グラスではなくレモンを回して付けると落とす危険が少ないです

    STEP3:塩の皿にグラスを逆さまに置く

    軽くグラスを回転させると均等に不着します

    STEP4:余分な塩を落とす

    グラスを揺すったり指で弾いて余分な塩を落とします。

    反対の手で、グラスを持つ手の手首を叩くと綺麗に落とせます。

    完成

    おわりに

    スノースタイルができると作れるカクテルの幅が広がります。また、グラスの縁の半面だけ塩を付着させる『ハーフムーン』というスタイルもあります。塩のある面とない面で、カクテルの味の違いを試せて面白いですよ。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!