1. 料理
    2. 鶏のから揚げに!鶏肉の下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    鶏のから揚げに!鶏肉の下ごしらえの方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    鶏のから揚げに使うときの下ごしらえの方法を紹介します。

    用意するもの

    • 鶏肉
    • 包丁
    • まな板
    • フリーザーバック

    下ごしらえの方法

    STEP1:鶏肉をまな板にのせる

    鶏肉1枚を皮目を下にして、まな板の上に置きます。

    カロリーが気になる方は、ここで皮を手ではがすと良いです

    STEP2:筋を切る

    包丁で筋のある部分を切っていきます。

    筋とはこのような白い部分です。

    STEP3:血合いを取る

    血の塊や、今回はありませんでしたが黄色い脂肪があれば取り除きます。

    STEP4:観音開きをする

    観音開きとは鶏肉の厚さを均等にすることです。鶏肉の厚さが厚い部分に包丁を入れ、そぎ切りする要領で厚みを薄い部分に合わせ均等にしていきます。最初の大きさよりも1.5倍ほどになったのがわかります。

    STEP5:二等分する

    鶏肉はそのまま皮目を下にして、真ん中あたりで二等分します。

    STEP6:一口大に切る

    鶏肉を、好きな大きさに5~8等分していきます。

    完成!

    フリーザーバックに入れて冷凍または、下味をつけて調理してください。

    おわりに

    鶏肉は、火の通りにくい食材です。観音開きをすることによって火が通りやすくなり、唐揚げにしたときに柔らかく仕上がります。

    また、生肉を扱った後は、包丁とまな板を洗ってから熱湯をかけると食中毒予防になります。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人