\ フォローしてね /

素直な気持ちが伝わる!花嫁から両親への手紙、文章と朗読のコツ

ご結婚おめでとうございます!

花嫁の手紙といえば、披露宴で一番の山場。日頃言えないような両親への気持ちが伝わって、来てくれた人にも感動をわけられるような…そんな時間になれば素敵ですね。

こちらでは筆者が実際に書いた手紙の例文と共に、その経験から得たアドバイスを数点書こうと思います。

手紙朗読に向けての豆知識

1.便箋は2枚程度、朗読は3分程度に収める

ご両親との思い出を振り返れば、あれもこれもと盛り込みたくなるもの。ただ、あまりに長いと参列者が飽きてしまいます。

長くなるようなら、読む手紙とは別にご両親に渡す手紙を書き、それを花束などと共に手渡すと良いでしょう。

2.泣いて読めなくなりそうな時は司会や新郎に頼むことができる

考えただけで泣ける、本番泣きすぎて読めなくならないか不安…そんなあなたは、式場打ち合わせで前持って、読めない時は司会の人に読んでもらうとか、新郎に読んでもらうとか、段取りしておくと安心ですよ。

気持ちが伝わる、感動する!手紙の書き方手順

では実際に手紙を書くに当たって、どんな構成にしたら良いでしょう。ここでは筆者が実際に書いた手紙の構成を紹介したいと思います。

1.呼びかけと導入をする

お父さん、お母さん。
ついにこの日がやってきました。
お父さん、お母さんにとって私は、たった一人の娘です。
それなのに《新郎》さんとの早い結婚を許してくれたこと、感謝しています。

まずは、お父さんお母さん、と呼びかけ、結婚に至るまでのエピソードを簡単にまとめます。

一人娘ではない場合も、

  • 長い間心配かけてごめんね。
  • お姉ちゃんが嫁いでから◯年たち、私の番になりました。

など、簡単に述べておき導入とします。

2.父親との思い出を記す

お父さん、お父さんはいつも仕事が忙しく、帰りは遅かったですね。
毎日家族のために一生懸命働いてくれてありがとう。
休みの日は疲れてるのにキャンプに連れていってくれましたね。
テントで眠ったのはいい思い出です。
  • 勤労について感謝
  • 楽しかった思い出

の二つで父親への感謝を表しました。

3.母親との思い出を記す

お母さん、お母さんはとても料理がうまくて、遠足のお弁当などはいつも自慢でした。
いつも明るいお母さんですが、私を生む時は難産で、命がけで産んでくれてありがとう。
今ここに生きていることを、感謝しています。
  • 母親の得意分野
  • 出産、育児等で辛い時に頑張ってくれたこと

の二つで母親への感謝を表しました。

あまり目立ったエピソードがなくても大丈夫です。

この手紙を作った当時、意識はしてませんでしたが、来てくださった方から『自分も同じような思い出があったから、泣けた』という感想をたくさんいただきました。

思い出は、案外普通のことの方がしみじみと聞いている人に入るようです。

4.父親母親二人に向けて、他の家族に向けての挨拶をする

泣き虫で強情な私は、迷惑をかけたと思いますが、育ててくれてありがとう。
二人はとても仲の良い夫婦なので大丈夫だとは思いますが、これからもお互いを大切にして下さい。
私たちもお父さん、お母さんのような夫婦になれるよう頑張ります。
  • 自分が巣立ってからの気遣い

また、筆者は一人っ子なので省きましたが、

  • 他の兄弟に向けてのメッセージ

などもかいておくといいですね。

5.新郎の親にご挨拶する

最後になりましたが、《新郎》さんのお父さん、お母さん、何もできない私を暖かく迎え入れてくださってありがとうございます。
これからも家族ぐるみで、末長くよろしくお願いします。

これからは新郎の家族になる身。自分の親だけでなく、義両親にも挨拶をしておくと、その後の嫁業もスムーズかもしれません!

6:結びの言葉を入れる

まだまだ未熟な私ですが、これからは《新郎》さんと二人で支え合って生きて行きます。
お父さん、お母さん、これからも見守っていてくださいね。
最後まで聞いてくださって、ありがとうございました。
日付 名前

最後は、これから新郎とどのように歩みたいかを語り、未来を見据えるような感じで結ぶと華々しくなります。

おまけ:友人の書いた「花嫁の手紙」で泣けた!フレーズ

初めて親元を離れ一人ぐらしのマンションでご飯を食べた時、家族がいない食卓はこんなに寂しいのだと知りました。

温かい普段の家族の食卓が浮かびます。

お母さんはお仕事が忙しくてなかなか授業参観に来れませんでした。初めて来てくれた時の嬉しさは忘れません。

ワーキングママさんの涙を誘ったフレーズでした。

おわりに

花嫁の手紙の大半が、筆者のものと同じような構成になっているようです。

ご両親に改まって感謝を伝えるなんて機会はそうありません。エピソードなどはアルバムを見ながら思い出し、この機にぜひ自分らしい、素直な手紙を書いてくださいね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。