\ フォローしてね /

洗濯したタオルをふわふわに乾かす方法

このライフレシピのもくじたたむ

洗いあがりのタオルがふわふわだと嬉しくありませんか?最近は様々な柔軟剤が売り場に並んでます。シワになりにくいものやふんわり仕上がる物や高価な物。どれも魅力的ですね。

この様々な柔軟剤を試しても良い香りがして確かにゴワゴワ感は無くなってるものの、ふんわり感が物足りなくてシックリこなくて残念に思う事もあるでしょう。

そこで、こんな悩みを解決させる超簡単な方法があります。無撚糸の新し目のタオルだと、柔軟剤のCMの様に仕上がります。お金もかからないので、騙されたと思って試してみて下さい。

後にも説明がありますが、タオルの状態にもよるのでご理解下さい。

やり方

ある事をするだけでふわふわに

いつもの洗濯にひと手間かけるだけで簡単にふんわりさせる事が出来ます。その方法は振るだけです。洗濯物を干す時に、バサッバサッと振って干すだけで良いんです。

振る事によりタオルの繊維が立ち、乾くとふわっと仕上がります。

え?いつも何回か振ってるわよと思われた方も居るでしょうが、いつもよりシッカリ目に振って下さい。気持ちを込めて。

  • 何回かやると、よりふんわり仕上がります
  • 古くなって毛が無くなってきているタオルには余り効果がみられません。
  • 基本は毛を立たせる事です

朝に干して晩まで留守だわって方は、干す時にたくさん振って下さい。毛が立てば良いんです。

おわりに

タオルをふんわりとさせる為だけに柔軟剤を使って居られる方は、これからは柔軟剤なして行けますね。節約にもなります。しかし柔軟剤には静電気防止や抗菌・防臭効果など色々なタイプがありますので全く使用しないよりは量を減らして使う方が良いと思います。

肌の弱い赤ちゃんの居る家庭には持って来いの方法です。肌着などの衣類もこの方法でふんわりさせると赤ちゃんもご機嫌ですね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。