\ フォローしてね /

日本語と同じ言い回しのフランス語慣用句5選

はじめに

外国語の慣用句をもていると、たまに日本語と同じ言い回しの物が目につきます。

慣用句は社会や文化を反映していますから、同じ言い回しに出会うと「人間考える事は一緒なんだな」と思わされます。
今回は、そんな慣用句を紹介します。

日本語と同じ言い回しのフランス語

1:Pas de nouvelles, bonnes nouvelles.

「便りがないのはいい知らせ」

Pasというのは、フランス語の否定を表す語、nouvellesは「便り」です。
日本人と全く同じことをフランス人も考えてるんですね。

2:Tel père, tel fils.

「この父、この子」が直訳。

日本語でいうところの「この親にしてこの子あり」です。外国語は定型表現は豪快に省略しますからフランス語の表現は名詞のみで表しています。

3:Aide-toi et le ciel t'aidera.

「自分を助けよ、そうすれば天も貴方を助けるだろう」

これも言わずもがなの表現ですね。日本人もフランス人も助けを求める先は「天」なんですね。

4 : Bon repas doit commencer par la faim.

「美味しい食事は空腹と共にくる」

日本語では「空腹は最上の調味料」これは少し表現は違いますが、やはりグルメなお国柄でしょうか、ご飯に関する表現は似ています。

5 : Il faut battre le fer pendant qu'il est chaud .

「鉄は熱いうちに打て」

鉄のイメージはやはり万国共通でしょうか。日本語を直訳したら上記のような表現になります。

おわりに

文化を反映する言語ですが、万国共通の感覚もあるのだということを再確認できるような表現が色々あります。

また、このような表現はいざ使うという時にも日本語と同じ使い方が出来るので簡単に使いこなせると思います。

会話する機会のある方は一つ二つ覚えておくといいですね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。