\ フォローしてね /

中学「社会」<歴史>の「平安時代」の要点の学び方

平安時代は今とぜんぜん違う服装なので、実写版があまりなくて想像し辛いのが難点です。

古文の史料なども優秀な学習の補助教材といえます。

例えば、平家の物語は平家物語に載っていますので、歴史の面白い側面を知って学習に役立てるのには、古典の現代語訳だけでなく、史実に忠実な歴史小説を手にとってみるのもコツです。

平安時代の主な出来事

  • 平安京遷都
  • 遣唐使廃止による日本独自文化の発達
  • 藤原氏の氏長者争い
  • 摂関政治
  • 広がる大貴族の私有地と荘園制度の発達
  • 前九年の役、後三年の役
  • 武家の台頭と院政
  • 保元の乱と平治の乱

学ぶ内容とポイント

摂関政治は858年から1056年までで、院政が開始されたのは1086年ですから、主として平安時代とは摂関政治と荘園制度で動いていた時代といえます。

平安初期と平安時代の終焉をもたらす源氏や上皇、平清盛など、藤原氏以外の勢力が頻出するのがポイントです。貴族政治の衰退と武家の進出が主な内容となっています。

年代でみる平安時代

794年の平安京遷都から、1192年の鎌倉幕府成立までです。

学ぶ内容とポイント

もともとは長岡京に皆住もうとしていましたが、政府高官暗殺により、今の平安京へと平城京に住んだ人員が移動していきました。

平安京を首都とする時代は四百年近く続きました。

貴族が隆盛しましたが、東国への進出が進み、皇統の武家が力を持ったのがポイントです。

時代の詳細

794年

桓武天皇が平安京に遷都の宣旨

858年

藤原良房が臣として初の摂政となり摂関政治始まる

前九年の役

1086年

白河上皇が院による政を開始

保元の乱と平治の乱による平氏の繁栄

1185年

寿永二年十月宣旨が下り、源頼朝に東国支配権が認可された

1192年

鎌倉幕府を源頼朝が成立させた

学ぶ内容とポイント

貴族政治の隆盛のあと、東国への関心の高まりです。古代、蝦夷地とよばれる東国には別の国があったので武力が必要でした。貴族政治は平安京中心の歌詠み文化を競う中央集権だったため、地方支配がおろそかになりました。

すると平将門などによる、地方からの武力による独立気運が高まりました。平徳子の幼い子安徳天皇が三種の神器の一つとともに海に沈み、平家が凋落して武家社会になりました。

重要な人物

年表上の重要な人物は太字になっています。

平家繁栄の起因となった平治の乱に勝利したのは、後白河上皇と藤原忠道、平清盛でした。

平安時代は藤原氏が多く出てくる点が学ぶポイントです。

注意すべきポイント

ポイント1: 藤原道長の栄華

彰子(中宮)太皇太后妍子皇太后嬉子妃(尚侍)、威子皇后という娘四人がすべて天皇の最も地位の高い妃となり、三后を占めため、位人臣を極めた稀な人物です。

彰子のサロンにいたおつきの紫式部とは同世代でしたので恋のうわさがありました。

栄花物語』には道長を始めとする主だった貴族たちの政治の策略が描かれたり、正妃である姫に男の子が生まれるかどうかに父として、激しく一喜一憂した生活などが描かれたりしています。『源氏物語』とともに、大貴族の男性の貴重な資料です。

ポイント2: 人々の生活ぶり

貴族が各国の領主である各国司となる荘園制度でした。

国司の私有地の荘園とよばれる開発された墾田の経営のなかで人々が生活しているのが基本でした。

そんな各領主による囲い込みの枠内で荘民が田をつくり、税の租庸調および年貢を納めつつ、比較的なかよく暮らしていたと考えられています。

ポイント3: 末法思想と疫病

当時は仏教が基本でしたので、現世利益を求めるだけではなく、加持祈祷などの病治しにも仏教が京のみやこの人々に頼みにされていました。

もちろん、陰陽道をよくした陰陽寮の陰陽師もいましたが、有名な安倍晴明は中流貴族で道長によく付いていた人物でした。政治の駆け引きとともに、健康は政治家であることが多い貴族にとっても、貴族の荘園を支える人々にとっても重要でした。

衛生状態から、疫病が流行ることが多い時代で、旱ばつよけと共に疫病よけが国家の重要事でした。仏教による加護や陰陽師の法力、加持祈祷によって病が治ると信じられ、宇治平等院鳳凰堂が道長の息子、藤原頼道によって建立されるなどしました。

1000年の時代の節目の頃、信仰による安定した世界観が崩壊する、とった末法思想が流行った時期でしたので、人々は盛んに信仰を求め、御霊会など新たな信仰が生まれていきました。

おわりに

平安末期は、一部の子だくさんな天皇の子孫が開拓の進む辺境地方で集団を作り、武力も鍛錬し、成長してきた結果の武家による統治および政権奪取が特徴です。日宋貿易がもたらす富と、院政と戦乱の名称とのセットで時代の流れを押さえていくとスムーズなのです。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。