\ フォローしてね /

脳に焼き付ける!隙間時間で英語を勉強するコツ

はじめに

私は海外に住んだことも留学したこともありません。また英会話学校に通ったことも教会や英語喫茶で英語の練習をしたこともありません。しかし、英語の日常会話がアメリカ英語の発音でできます。映画も字幕なしで分かりますし、今現在英会話をお教えしたり、英語圏の方に日本語を教えたりしています。

隙間時間で勉強するコツ

1.ひたすら繰り返す

覚えたい単語が脳裏に焼き付くまでひたすら繰り返します。周りに人がいるときは頭の中で、一人の時は声に出して、ばかみたいに繰り返し続けます。
今日覚えたら、一生忘れないという気持ちで取り組みます。

2.一度にたくさん覚えようとしないこと

サバン症候群の方は別ですが、生まれつきどんなに頭がいい人でも、記憶を定着させるには、繰り返すこと、一旦忘れてまた覚えることなしに英語の語彙を増やす方法はありません。

確実に覚えられるように、つまり一生忘れないように、覚える単語は1日1単語にしてください。

3.覚えた単語が脳の引き出しに溜まってゆくイメージをもつ

自分なりに、覚えた単語を分類し、各分類ごとに脳の中に引き出しをつくり(イメージします)、必要な場面ですぐ取り出せるようにしておきます。

おわりに

私はこの方法だけで、まず。共通一次試験と東京外国語大学の二次試験に合格しました。その後、就職して実践で使い、退社後は独立して海外の企業相手に翻訳の仕事を25年以上しています。

「繰り返すだけ」、「1日1単語」というと「幼稚で馬鹿ばかしくてやってられない」と思われがちですが、実はこの単純な方法がもっとも効果的に語彙を増やす方法だと確信しています。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。