\ フォローしてね /

電子レンジで作る、お弁当用さつまいもきんとん風の作り方

電子レンジと大きめの丼だけでできる、甘くてほっとするさつま芋だけの「きんとん風」のデザートです。

裏ごしして茶巾にする工程は無しなので、とっても簡単にできます。お弁当の最後に甘いお芋が嬉しいです。

材料 (3~4人分)

  • さつまいも...中1本
  • 砂糖...70~100グラム(お好みで加減してください)
  • 塩...少々

さつまいものきんとん風の作り方

STEP1:

さつまいもをよく洗い、1センチ角のさいの目に切ります。お弁当用なので、1センチ角より小さめに切ります。

皮はむいた方が色がきれいに出来上がりますが、むかなくても構いません。

STEP2:

切ったいもを5分から10分くらい水にさらしあくを取ります。

水が濁ったら2、3回取り替えましょう。

STEP3:

水を切ったさつまいもを丼に入れ、ラップをして電子レンジにかけます。600Wで約4分加熱します。

ラップでなくても電子レンジ用のふたがあればそのふたを使ってください。

STEP4:

電子レンジから出す時とラップを外すときはとても熱いので気を付けてください。ラップを外したらスプーンで軽く混ぜます。

丼に芋を入れるとき、丼いっぱいに入れるとうまく混ぜることができません。2/3くらいの量くらいが扱いやすいです。
この時点では、芋が完全にやわらかくなっていないかもしれませんが、このあとまだ加熱するので大丈夫です。

STEP5:

分量の砂糖と塩を芋の上にかけます。特に混ぜなくてもいいです。そのまま再びラップして電子レンジに600Wで4分ほどかけます。

砂糖の量は目安です。芋の甘さやお好みの甘さがあるともいますので、味見をして調節してください。

STEP6:

電子レンジから取り出して、STEP3のようにラップをはずしてスプーンでざっくり混ぜると、ほくほくの芋きんとんになっていきます。

これで完成ですが、もし芋が硬かったら、加減しながらもう少し電子レンジにかけてみてください。

STEP7:

小分けの容器に移して冷凍すれば、そのままお弁当箱に入れられます。忙しい朝には、本当に便利です。

完成!

夕食の小さなおかずにもなります。簡単ですので、是非お試しくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。