\ フォローしてね /

誰でも簡単に遊べる!トランプゲーム「51」の遊び方

いろいろとあるトランプゲームの中で、今回は「51」というゲームの遊び方を紹介します。点数の数え方さえマスターすれば簡単にできますよ。

ゲームの概要

4種類あるマークの中から、好きなマークを集めて、持ち手の数字の合計を51にするゲームです。

プレイできる人数

2人以上いれば可能ですが、場に置くカードも必要なので3~6人くらいが楽しめると思います。

使用するトランプの枚数

すべてのカード52枚と、ジョーカー1枚

ルールの詳細

カードの点数

  • A→11点
  • 2~10→それぞれの数字と同じ点
  • J・Q・K→10点
  • ジョーカー→10点か11点(自分に有利な点数として数えられる)

また、ジョーカーはどのマークとしても使うことができます。

ゲームの勝敗

誰かがストップをかけてゲームが終わったとき、すべてのマークがそろっていればその合計点が自分の点数になります。マークがそろっていなければ0点です。

51点になった人が勝利となり、51点に近い人から2位、3位と続きます。同点の人がいた場合は、ジョーカーを持っている人が下位になります。最高得点は、同じマークのA・10・J・Q・Kを集めたときの51点です。

ゲームの手順

STEP1

カードをよく切った後、それぞれのプレーヤーに裏向きで5枚ずつカードを配ります。場に5枚のカードを表向きに並べ、残ったカードは場にまとめて積んでおきます。

STEP2

じゃんけんで順番を決め、自分の順番が回ってきたら、場にあるカードの中から欲しいカード1枚を選び、自分のカード1枚と交換する。(1順目は、全員必ずカードを交換しなければいけない。)

STEP3

STEP2を繰り返してゲームを進めていくが、2順目以降は何度でもパスが可能。また、場にあるカードがどれもいらない場合、場のカードを流して積んであるカード5枚を場に並べる。

流した後は、必ずカードを交換しなければならない。(積んであるカードがなくなったら、流したカードを切って積み札とする)

STEP4

場にある5枚のカードの方が自分の手札よりも有利だと思えば、5枚すべてを変えることもできる。(カードの交換は1枚か5枚のみ可能)
上の図では、手札のマークがそろっていないうえ高い点数のカードも少ないので、4枚同じマークがそろっている場のカードと5枚変えをした方が有利となる。

STEP5

手札のマークがすべてそろい51点になったら「ストップ」と言って、ゲームは終了しストップをかけた人が勝利となる。

STEP6

51点までそろっていなくても、ほかのプレーヤーよりも自分の点数が高いと思ったら「コール」と言ってゲームは終了する。

しかし、コールをかけた人よりも高い点、あるいは同点のひとがいた場合、コールをかけた人の点は0点となる。

図の場合、ハート5枚で合計50点なので、50点か51点の人がいない限りコールをかけたプレーヤーが勝利となる。

STEP7

ゲームが終了したら、それぞれのプレーヤーの点数を計算し、勝敗を決める。

ゲームの楽しみ方

ゲームの流れがわかるまでは、普通にプレーをして慣れていきましょう。
ゲームに慣れてきたら、ほかのプレーヤーの持ち札を予想することも大事になってきます。

プレーヤーの人数が4人以下であれば、全員が違うマークを集めることもあるかもしれません。しかし5人よりも多くなれば、誰かが同じマークを集めている可能性があります。

そこで、他のプレーヤーが交換する札を見ながら、誰がどのマークをそろえているかを考えながらゲームを進めます。

自分と同じマークを集めていそうな人がいて、自分の手札があまりにも点数が低い場合は、早めにほかのマークに乗り換えます。

点数の高いカードを持っている場合は、できるだけ捨てないようにしてほかのプレーヤーが高得点になるのを邪魔するようにします。

自分が必要のない点数の高い札(A・J・Q・K)が場にあるときに流してしまうというのもひとつの手です。

おわりに

点数の数え方になれるまで少し難しいかもしれませんが、高得点をめざしてがんばりましょう。

(イラスト by著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。